>ドコモ光なら42,000円還元中<

【疑問】ソフトバンクエアーは何台まで同時接続可能?最適に利用可能な同時接続台数とは?

この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール
ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は何台まで同時接続できるかお調べですね。

ソフトバンクエアーは基本的に専用端末であるAirターミナルが発信するWi-Fiを接続端末(パソコンやスマホなど)と接続することでインターネットが利用できますが、Airターミナルが発信するWi-Fiは何台まで同時接続できるのでしょうか。

同時接続できる端末の台数
ソフトバンクエアーの専用端末「Airターミナル」の機種によって同時接続可能な台数が異なる!

ソフトバンクエアーのAirターミナルが発信するWi-Fiは「何台まで同時接続可能か?」という疑問を解決する前にAirターミナルの機種によって同時接続可能な台数に違いがあるため、ご利用中の「Airターミナルの機種は何か?」を調べる必要があります。

この記事ではソフトバンクエアーの専用端末であるAirターミナルが発信するWi-Fiは何台まで同時接続可能か、現在ご利用中のAirターミナルの機種を調べる方法、そして何台までなら快適に利用できるのかを解説します。

\未契約の方はこちらがお得/
SoftBank Airの申込はこちら
新規契約で30,000円還元!

ソフトバンクエアーは何台まで同時接続できるのか調べる方法

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は「Airターミナル」と呼ばれる専用端末が携帯電話やスマホと同じように「電波」を受信することでインターネットに接続できるサービスです。

Airターミナルには以下のように6機種があります。

ソフトバンクエアーのサービス提供と同時に発売となった初代のAirターミナルには2本のアンテナが付いていますが、2代目のAirターミナル2からアンテナが内蔵されてスタイリッシュなデザインへ変更されています。

最新端末は5G通信対応の「Airターミナル5」です。

2022年9月現在、ソフトバンクエアーを新規契約すると「Airターミナル4」「Airターミナル4 NEXT」又は「Airターミナル5」の端末を利用することになります。

機種によって異なる同時接続台数

さて、ここからが本題となります。

ソフトバンクエアーの専用端末であるAirターミナルは「Wi-Fi」を発信し、その「Wi-Fi」をインターネットに接続したい端末(パソコンやスマホ、タブレットなど)と接続することでインターネットが利用できます。

ここで疑問となるのがAirターミナルのWi-Fiは「何台まで同時接続できるのか」という点です。

Airターミナルの機種によって同時接続可能な台数に違いがあります!

端末機種同時接続台数
Airターミナル5
(最新端末)
最大128台
Airターミナル4
NEXT
最大128台
Airターミナル4最大64台
Airターミナル3最大64台
Airターミナル2最大64台
Airターミナル
(初代)
最大32台

出典:SoftBank

「Airターミナル5」や「Airターミナル4 NEXT」が発信するWi-Fiを同時に接続可能な端末の台数は最大で128台です!

また、「Airターミナル4 / 3 / 2」の場合は最大64台まで、初代の「Airターミナル」は最大32台まで同時接続可能です。

ワンポイントアドバイス
Airターミナル5など発売して間もない端末の場合は128台も同時接続可能ですが、一般家庭で128台もWi-Fiに同時接続する機会はありませんし非現実的です。また、同時接続する端末の台数が多くなるとWi-Fiの速度が低下しますので10台以上を超える同時接続はおすすめしません。

何台まで快適に同時接続できるか

同時接続可能な台数が異なる機種を判別する方法

ソフトバンクエアーの専用端末であるAirターミナルの機種によってWi-Fiを同時接続できる台数に違いがあります。

しかし、Airターミナルの機種によっては見た目が似ています…。

例えば、「Airターミナル4 NEXT」と「Airターミナル4」のデザインは同じですが同時接続可能な台数に違いがあります…。(「Airターミナル4 NEXT」は最大128台、「Airターミナル4」は最大64台の同時接続が可能。)

現在ソフトバンクエアーでご利用中のAirターミナルの機種は「型番」を見れば判別可能です!

Airターミナルの端末底面の型番が記載されています。

端末機種型番
Airターミナル4
NEXT
B610h-72a
Airターミナル4B610h-70a~71a
Airターミナル3B610s-77a~79a
Airターミナル2B610s-76a

例えば、端末底面の型番に「B610h-72a」と記載があれば機種は「Airターミナル4 NEXT」と判断でき、Wi-Fiの同時接続は最大128台まで可能と判断することが可能です!

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーの専用端末(Airターミナル)の機種によってWi-Fiの同時接続可能な台数が異なるため、端末底面の「型番」を確認することで「端末機種」と「同時接続可能台数」が解ります。

有線接続の場合は2台まで同時接続可能

ソフトバンクエアーは基本的にWi-Fi接続でインターネットを利用しますが、LANケーブルで有線接続も可能です。

専用端末であるAirターミナルにはLANケーブルの差込口である「LANポート」が2つ付いています。

ソフトバンクエアーのAirターミナルにはLANポートが2つ付いているので、LANケーブルを利用して2台まで有線による同時接続が可能です!

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーはWi-Fiによる「無線接続」とLANケーブルによる「有線接続」は同時接続も可能です。

ソフトバンクエアーは何台まで快適に同時接続できるのか

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)のWi-Fiを同時接続できる台数は、比較的新しい端末のAirターミナルなら最大128台まで、それ以降のAirターミナルなら最大64台まで同時接続可能です。

しかし、同時接続する台数が多いとその分速度が低下してしまいます…。

そこでここからは、Wi-Fiを多くの端末で同時に接続すると速度が低下する理由と、ソフトバンクエアーで同時接続する場合に何台までなら快適に利用できるのかを解説します。

多くの端末で同時接続すると遅くなる

ソフトバンクエアーのAirターミナルから発信するWi-Fiの同時接続できる台数は「Airターミナル5 / Airターミナル4 NEXT」の場合は最大128台まで、「Airターミナル4以降」の場合は最大64台までです。

「ソフトバンクエアーって端末を多く接続できるのね!」と思った方も多いと思いますが、多くの接続端末(パソコンやスマホなど)で同時接続すると速度が低下します!

ソフトバンクエアーは専用端末(Airターミナル)が「電波」を受信してインターネットに接続するサービスですが、多くの接続端末(パソコンやスマホなど)で同時接続すると「電波」に負担がかかり速度が遅くなります…。

ソフトバンクエアーでインターネットに接続する電波を「道」、データのやり取りを「車」で例えると解りやすいです。

道を進む車の台数が少ないと速度はスムーズですよね。
それと同じように、通信する端末が少ないと速度は低下しにくいです。

しかし、道を進む車の台数が多いと渋滞して速度は遅くなります。

それと同じように、多くの端末で通信をすると「その分データ通信量が多くなるため」速度が遅くなります。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーの専用端末(Airターミナル)の機種によっては100台以上の端末を同時にインターネット接続が可能ではありますが、同時接続する台数が多ければ多いほど通信に負担がかかるため速度が低下してしまいます。

同時接続で快適な利用台数は5台程度

ソフトバンクエアーは何台までなら同時接続しても快適に利用できるのでしょうか。

以下はWI-Fiが快適に利用できる同時接続台数の目安です。

接続台数速度
5台以内快適
10台以内普通
11台以上遅い

同時に接続する台数が5台程度であれば快適です。

但し、11台以上で同時接続するとどうしても速度が低下しやすくなります。

また、同時接続する台数が5台程度であっても、すべての接続端末(パソコンなど)で大量のデータ通信を行う「動画視聴」や「対戦型オンラインゲーム」を利用する場合にも速度が遅くなる傾向にあります。

まとめ

この記事ではソフトバンクエアーは何台まで同時接続できるのかを中心に解説しました。

ソフトバンクエアーで利用する専用端末(Airターミナル)が発信する「Wi-Fi」は、専用端末の機種によって同時接続可能な台数に違いがあります。

端末機種
(型番)
同時接続台数
Airターミナル5
(CKB01)
最大128台
Airターミナル4NEXT
(B610h-72a)
最大128台
Airターミナル4
(B610h-70a~71a)
最大64台
Airターミナル3
(B610s-77a~79a)
最大64台
Airターミナル2
(B610s-76a)
最大64台
Airターミナル
(J18W)
最大32台

ソフトバンクエアーの最新端末である5G通信対応の「Airターミナル5」、4G通信のみ対応の「Airターミナル4 NEXT」なら最大128台までWi-Fi同時接続が可能です。(「Airターミナル4~2」までは最大64台まで、初代「Airターミナル」は最大32台までの同時接続となります。)

また、LANケーブルを利用した有線接続の場合は同時に2台までとなります。

ただ、Wi-Fiは同時に10台以上の端末(パソコンなど)でインターネットに接続すると回線が混雑するので速度が遅くなる傾向にあり「最大同時接続台数は理論上、利用できる台数」と思っていた方が良いでしょう。

\新規契約で現金還元中/
SoftBank Airの申込はこちら
正規代理店エヌズカンパニー
ソフトバンクエアーは何台まで接続可能?
ソフトバンクエアーで利用する専用端末(Airターミナル)の機種によって、Wi-Fiを同時接続できる台数に違いがあります。Airターミナル5/Airターミナル4 NEXTは「最大128台」、Airターミナル4/3/2は「最大64台」、初代のAirターミナルは「最大32台」が同時接続可能な台数です。
有線接続は何台まで利用できますか?
ソフトバンクエアーで利用する専用端末(Airターミナル)にはLANケーブルの差込口が2つ付いていますので、LANケーブルによる有線接続は2台まで利用可能です。
快適に利用できる台数は何台くらいですか?
ソフトバンクエアーの機種によっては最大128台までWi-Fiを同時接続することができますが、快適にインターネットが利用できるのは同時接続する台数が「5台程度」です。