>ドコモ光なら42,000円還元中<

【速度制限】ソフトバンクエアーの利用容量は無制限!但し、場合によっては速度制限の可能性あり!

この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール
ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の月間データ利用容量は無制限なのか、速度制限はないのかをお調べですね。

インターネット(特にモバイル通信)には無制限でなく月間のデータ利用量に上限がある場合がありますし速度制限されて低速になる場合もありますので、ソフトバンクエアーを契約予定の方の中にはデータ利用量は無制限なのか、速度制限はあるのかを調べている方もいらっしゃいます。

無制限と速度制限について
ソフトバンクエアーは月間データ利用量なく無制限です!
ただし、利用する時間帯や使い方によっては速度制限が実施される可能性があります。

ソフトバンクエアーは月間のデータ利用容量に制限なく無制限(使い放題)です。

但し、利用者が増加する時間帯は「サービス安定提供」を目的として速度制限が実施される可能性があります。また、ネットワークが高負荷になるような通信をした場合にも速度制限が実施される可能性があります。

この記事ではソフトバンクエアーのデータ利用量が無制限であること、そしてどんな時に速度制限されて速度が低下する可能性があるのかについて徹底解説します。

\詳しい詳細はこちら/
SoftBank Airの申込はこちら
正規代理店エヌズカンパニー

ソフトバンクエアーの月間データ容量は無制限(使い放題)

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)を契約予定の方の中には月間のデータ利用容量に上限はあるのか、それとも無制限で使い放題なのかを調べている方も多くいらっしゃいます。

スマホや携帯電話の契約では月間データ通信量(パケットとも言う)に7GBなどの上限がある場合があり、上限のデータ通信量を超える使い方をすると速度制限されて低速になります。

ソフトバンクエアーにもスマホなどの契約と同様に「無制限で使えるのではなく毎月の上限があり、上限に達すると速度が低下するのでは」と思っている人も多いようです。

月間データ通信量は無制限で利用可能

ソフトバンクエアーは月間データ通信量はなく「無制限」で利用可能です。

画像引用:SoftBank公式サイト

SoftBankの公式サイトにも「データ容量無制限で使い放題」と記載があるように、ソフトバンクエアーは月間データ通信量に上限がなく、月間のデータ通信量を使い過ぎによる速度制限はありません。

その為、ソフトバンクエアーでは一部のスマホ契約のように「月間〇GBを超えると速度規制されちゃう」「今月は〇GB超えそうだから利用を控えよう」のような速度低下の心配は不要です。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーは一部のスマホ契約やモバイル通信契約のように月間のデータ通信量に上限はなく無制限で利用できるインターネット接続サービスです。

速度制限が実施される可能性はある

ソフトバンクエアーは月間データ通信量に上限制限はなく無制限(使い放題)です。

速度制限の可能性
ソフトバンクエアーはデータ通信量に関係なく無制限で利用できる事は間違いありませんが、利用する時間帯やネットワークに負担がかかる使い方をすると速度制限される可能性があります!

ソフトバンクエアーは「月間のデータ通信量の条件が〇GB」のような制限はなく無制限で使い放題ですが、場合によっては速度制限されて速度が低下する可能性があります。

速度制限については以下で詳しく解説します。

ソフトバンクエアーは無制限でも速度制限が実施される可能性

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)には月間データ通信量の上限がなく無制限のため、インターネットを使いすぎて上限に達すると速度制限されて速度低下することはありません。

しかし、SoftBank公式サイトには以下のような文言があります。

サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
引用:SoftBank公式サイト

SoftBank公式サイトにも記載があるように、ソフトバンクエアーでは「サービス安定提供」を目的に速度制限されて速度の低下が実施される可能性があることを知っておく必要があります。

最低限知っておくべき「速度制限」が実施される理由は以下です。

速度制限されるケース
  1. 混雑する時間帯に速度制限される
  2. 大量のデータ通信をすると速度制限される
  3. 設置場所住所以外で利用すると速度制限される

以下で詳しく解説します。

混雑する時間帯に速度制限される場合がある

SoftBank公式サイトにはソフトバンクエアーの速度制限(通信制限)される可能性について記載があります。

その一つが以下のような文言です。

  • ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
  • 特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

引用:SoftBank公式サイト

ソフトバンクエアーは「電波」を使ってインターネットに接続しますが利用者が集中すると電波が接続しづらい状況となり、最悪の場合は利用者全員がインターネットに接続出来ない事態となり大混乱します。

その為、利用者が集中する時間帯には利用者全員がインターネットに接続できるように「速度制限」する場合があります。

時間帯別のソフトバンクエアーの実際の下り速度(実測)は以下です。

時間帯下り平均実測
93.82Mbps
70.97Mbps
夕方65.35Mbps
57.14Mbps
深夜92.04Mbps

出典:みんなのネット回線速度

2022年12月1日現在、ソフトバンクエアーの夜の時間帯の下り実測は「57.14Mbps」しかありません。

下り実測が57.14Mbpsはまあまあの速度です。

ワンポイントアドバイス
特にインターネットの利用者が増加する夜の時間帯は利用者増加に伴い、一部の方々がインターネットに接続出来ない状況となってしまいます。そこでソフトバンクエアーでは「サービス安定提供」の観点から利用者が増加する時間帯は速度制限を実施する場合があるのです。

大量のデータ通信をすると速度制限される

以前、SoftBank公式サイトには以下のような文言も記載せれていました。

  • 音声通話やテレビ電話などのパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
  • MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル
  • BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル
  • 動画閲覧、高画質画像閲覧、P2Pファイル変換、ソフトウェアダウンロードなどを伴うサイト、アプリケーションなど

現在は上記の文言はSoftBank公式サイトから削除されています。

上記の文言を簡単に説明すれば、LINE電話のようなインターネットで通話が出来るサービスやFace Timeのようなテレビ電話は大量のデータをやり取りしなければなりません。また、高画質な画像や動画を見る時も大量のデータをダウンロードしなければなりません。

このようにソフトバンクエアーで大量のデータ通信を行うと他の人に迷惑が掛からないようにする「速度制限」を実施して速度が低下される可能性があります。

設置場所住所以外で利用すると速度制限される

ソフトバンクエアーは契約時に登録した設置住所でのみ利用可能なサービスです。

その為、ソフトバンクエアーを設置住所以外へ持ち運んで利用することは禁止されています。

ご登録の設置場所住所と実際にご利用している住所が異なる場合は、通信制限がかけられている場合があります。
引用:SoftBank公式サイト

SoftBank公式サイトにも記載されている通り、ソフトバンクエアーを契約した際に登録した「設置場所の住所」以外でインターネットに接続すると速度制限が実行され速度が低下します。

ソフトバンクエアーはあくまでも自宅など登録した住所で利用する為の「固定インターネットサービス」なのでで、登録住所以外で利用するのは利用規約違反となります。

まとめ

この記事ではソフトバンクエアー(SoftBank Air)の無制限と速度制限について解説しました。

ソフトバンクエアーはスマホや携帯電話などの一部の契約のように月間のデータ通信量に上限はなく、どんなに通信しても使い放題で無制限で利用できるサービスです。

但し、月間データ通信量は無制限で使い放題ではありますが、ソフトバンクエアーは利用者が増加する時間帯や大量のデータ通信をすると速度制限が実施される可能性があります。また、ソフトバンクエアー契約時に登録した住所以外で利用すると禁止事項になるため速度制限されます。

ソフトバンクエアーの月間データ通信量はなく無制限で利用可能ですが、時間帯や他の契約者に迷惑をかけるような通信をした場合には速度制限があることは契約前に理解しておきましょう。

\30,000円キャッシュバック中/
SoftBank Airの申込はこちら
安心の正規代理店で申し込もう
ソフトバンクエアーは無制限ですか?
はい、ソフトバンクエアーには月間データ通信量に上限はありませんので、どんなに通信しても無制限で利用することが可能なサービスです。
速度制限はありますか?
ソフトバンクエアーの利用者が増加する夜の時間帯などにサービス安定提供の観点から速度制限が実施されます。また、他の契約者に迷惑をかけるような使い方をした場合にも速度制限される可能性があります。