>ドコモ光なら36,000円還元中<

[違い]ソフトバンク光とビビック光を徹底比較!九州で契約するならどっちのサービスが良いのか?

ソフトバンク光とビビック光の違いをお調べですね。

ソフトバンク光とビビック光は「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスで共通していますが月額料金や提供エリア、初期費用(工事費)など様々な違いがあるため、どっちと契約すれば良いかお悩みの方が多いようです。

ソフトバンク光とビビック光は以下のように契約中のスマホで契約先を選ぶと良いでしょう。

サービス名おすすめ
ソフトバンク光SoftBank/Y!mobileの
携帯スマホを契約中の方
ビビック光au/UQmobileの
携帯スマホを契約中の方

SoftBank/Y!mobileの携帯スマホを契約中の方にはソフトバンク光が、au/UQmobileの携帯スマホを契約中の方にはビビック光がおすすめの契約先です。

NTT docomoの携帯スマホを契約中ならドコモ光がおすすめ。

この記事ではソフトバンク光とビビック光はどちらと契約した方が良いかお悩みの方に向けて、毎月の携帯スマホ代が割引となるセット割が適用可能なサービスで選ぶ方法、そしてサービス提供会社や光回線、提供エリア、速度、月額料金など様々な違いを比較しながら徹底解説します。
この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール

\新規契約で37,000円還元中/
ソフトバンク光の申込はこちら
お得に現金が受取れる限定特典!
※この記事の記載金額はすべて税込です。

ソフトバンク光とビビック光はセット割が適用可能なサービスを契約する

ソフトバンク光とビビック光のどちらの契約するかお悩みの方は、選ぶ方法として「セット割が適用可能なサービスを契約する」ことをおすすめしています。

サービス名携帯電話適用可能な
セット割
ソフトバンク光SoftBankおうち割光セット
Y!mobileおうち割光セット
ビビック光auauスマートバリュー
UQmobile自宅セット割

SoftBank/Y!mobileの対象プランを契約中の方がソフトバンク光を契約すると「おうち割光セット」が適用可能です。

また、au/UQmobileの対象プランを契約中の方がビビック光を契約するとauの場合は「auスマートバリュー」、UQmobileの場合は「自宅セット割」が適用可能です。

各セット割を適用すると、携帯スマホ代が毎月割引されます。
また、契約者の家族が契約する携帯スマホが対象プランの場合は、家族(最大10回線まで)も毎月割引の適用が可能なので毎月の通信費がお得になります。

以下、ソフトバンク光とビビック光に分けて適用可能なセット割を解説します。

ソフトバンク光のセット割について

SoftBank又はY!mobileの対象プランを契約中の方が、ソフトバンク光の「インターネット契約」に加えて「指定の3つのオプションに加入」することで「おうち割光セット」と呼ばれるセット割が適用可能となります。

おうち割光セット
適用条件
  • ソフトバンク光の
    インターネット契約
  • 以下の3つのオプション加入
    +光電話(※1)
    +光BBユニットレンタル
    +Wi-Fiマルチパック
割引対象
  • SoftBank/Y!mobile
    モバイル契約者
    おうち割の対象プラン
  • おうち割光セットの
    適用者家族が契約する
    SoftBank/Y!mobile
    モバイル契約
    おうち割の対象プラン

(最大10回線まで)

※1:「BBフォン」又は「ホワイト光電話」又は「光電話(N)+BBフォン」

SoftBank/Y!mobileとのセット割である「おうち割光セット」は、ソフトバンク光の「インターネット契約」に加えて、「光電話」「光BBユニットレンタル」「Wi-Fiマルチパック」の3つのオプション加入が適用条件です。

おうち割光セットはソフトバンク光のインターネット契約のみでは適用不可。

また、おうち割光セットを適用するSoftBank/Y!mobileのスマホ等の「モバイル契約」は、おうち割光セットの対象プランで契約中である必要があります。

以下、おうち割光セットの対象プランと毎月の割引額です。

以下、SoftBankの「おうち割光セット」の対象プランと毎月の割引額です。

おうち割光セット
対象プラン
(モバイル契約)
割引額/月
  • データプランメリハリ無制限
  • データプランミニフィット+
  • データプランメリハリ
  • データプランミニフィット
  • データプラン50GB+
  • データプランミニ
  • データ定額 50GBプラス
  • ミニモンスター
  • データ定額
    50GB/20GB/5GB
  • パケットし放題フラット
    for 4G LTE
  • パケットし放題フラット
    for 4G
  • 4G/LTEデータし放題フラット
  • 4Gデータし放題フラット+
1,100円
  • データ定額
    (おてがるプラン専用)
  • データ定額ミニ 2GB/1GB
  • データ定額
    (3Gケータイ)
  • パケットし放題フラット
    for シンプルスマホ
  • (iPad 専用)
    ベーシックデータ定額プラン
    for 4G LTE
  • (タブレット専用)
    ベーシックデータ定額プラン
    for 4G
550円

出典:SoftBank

以下、Y!mobileの「おうち割光セット」の対象プランと毎月の割引額です。

おうち割光セット
対象プラン
(モバイル契約)
割引額/月
  • スマホプラン S
  • スマホベーシック
    プランS/M/R/L
  • データプランL
  • データベーシック
    プランL
  • Pocket WiFiプラン2
    (さんねん)
    (バリューセット)
    (バリューセットライト)
  • Pocket WiFiプラン2
    (ベーシック)
550円
スマホプランM/R770円
スマホプラン L1,100円
シンプル S/M/L1,188円

出典:SoftBank

おうち割光セットを適用すると、契約中のSoftBank/Y!mobileのモバイル料金(スマホ代)から毎月割引されます。

ワンポイントアドバイス
おうち割光セットの適用者の家族が「おうち割光セット」の対象プランを契約中の場合、最大10回線まで家族のモバイル契約も割引可能です。(おうち割光セットの対象プランでSoftBank/Y!mobileを契約中の家族が多ければ、その分割引されるので毎月の通信費が削減できます。)
\新規契約で37,000円還元中/
ソフトバンク光の申込はこちら
契約後は100%還元される安心窓口!

ビビック光のセット割について

ビビック光のモバイル(スマホ)とのセット割は主に「auスマートバリュー」と「自宅セット割」があります。

以下、auスマートバリューと自宅セット割に分けて適用条件や割引額を解説します。

ビビック光とauのセット割「auスマートバリュー」

auの対象プランを契約中の方が、ビビック光の「インターネット+光電話」の両方に加入すると「auスマートバリュー」と呼ばれるセット割が適用可能となります。

auスマートバリュー
適用条件
  • ビビック光の
    インターネット契約
  • ビビック光のオプション
    「光電話」
割引対象
  • auモバイル契約者
    対象プラン
  • auスマートバリューの
    適用者家族が契約する
    auモバイル契約
    対象プラン

(最大10回線まで)

auスマートバリューの適用条件は、ビビック光の「インターネット契約」と「光電話加入」です。

ビビック光のインターネット契約のみでは適用不可。

また、auスマートバリューを適用するauのスマホ等の「モバイル契約」は、auスマートバリューの対象プランで契約中である必要があります。(※auスマートバリュー対象外のプランは割引されません。)

以下、auスマートバリューの対象プランと毎月の割引額です。

以下、auの「auスマートバリュー」の主な対象プランと毎月の割引額です。

auスマートバリュー
対象プラン
(モバイル契約)
割引額/月
  • ピタットプラン 5G
  • ピタットプラン 4G LTE
    (新auピタットプランN)
550円
1GBまでは対象外
  • 使い放題MAX 5G
    ALL STAR パック
  • 使い放題MAX 5G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 5G
    with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G
  • 使い放題MAX 4G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 4G
1,100円
  • ピタットプラン 5G(s)
  • ピタットプラン 4G LTE(s)
550円
カケホ
(3Gケータイ・データ付)
1,027円
タブレットプラン201,100円

出典:au

対象プランと割引額

auスマートバリューを適用すると、契約中のauのモバイル料金(スマホ代)から毎月割引されます。

ワンポイントアドバイス
auスマートバリューの適用者の家族が「auスマートバリュー」の対象プランを契約中の場合、最大10回線まで家族のモバイル契約も割引可能です。(auスマートバリューの対象プランでauを契約中の家族が多ければ、その分割引されるので毎月の通信費が削減できます。)
\最大30,000円還元中/
ビビック光の申込はこちら
安心の正規代理店でお得に契約!

ビビック光とUQmobileのセット割「自宅セット割」

UQmobileの対象プランを契約中の方が、ビビック光の「インターネット+光電話」の両方に加入すると「自宅セット割」と呼ばれるセット割が適用可能となります。

自宅セット割
適用条件
  • ビビック光の
    インターネット契約
  • ビビック光のオプション
    「光電話」
割引対象
  • QUモバイル契約者
    対象プラン
  • 自宅セット割の
    適用者家族が契約する
    QUモバイル契約
    対象プラン

(最大10回線まで)

自宅セット割の適用条件は、ビビック光の「インターネット契約」と「光電話加入」です。

ビビック光のインターネット契約のみでは適用不可。

また、自宅セット割を適用するUQmobileのスマホ等の「モバイル契約」は、自宅セット割の対象プランで契約中である必要があります。(※自宅セット割の対象外のプランは割引されません。)

以下、自宅セット割の対象プランと毎月の割引額です。

以下、UQmobileの「自宅セット割」の対象プランと毎月の割引額です。

自宅セット割
対象プラン
(モバイル契約)
割引額/月
くりこしプランS +5G638円
くりこしプランM +5G
くりこしプランL +5G858円

出典:UQmobile

自宅セット割を適用すると、契約中のUQmobileのモバイル料金(スマホ代)から毎月割引されます。

ワンポイントアドバイス
自宅セット割の適用者の家族が「自宅セット割」の対象プランを契約中の場合、最大10回線まで家族のモバイル契約も割引可能です。(自宅セット割の対象プランでUQmobileを契約中の家族が多ければ、その分割引されるので毎月の通信費が削減できます。)
\最大30,000円還元中/
ビビック光の申込はこちら
安心の正規代理店でお得に契約!

理解しよう!ソフトバンク光とビビック光の違いを徹底比較!

ソフトバンク光とビビック光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスである点は共通していますが、その他には様々な違いがありますので契約前に理解しておきましょう。

契約前に理解しておきたいソフトバンク光とビビック光の違いは以下です。

ソフトバンク光とビビック光の違い
  1. 契約先(提供会社)に違いがある
  2. ネット接続に利用する光回線に違いがある
  3. 契約可能エリアに違いがある
  4. 実際の速度(平均実測)に違いがある
  5. インターネットの月額料金に違いがある
  6. 契約時の初期費用(工事費等)に違いがある

上記の違いについて以下で比較しながら解説します。

違い比較①:契約先(提供会社)に違いがある

ソフトバンク光とビビック光は契約先となる提供会社に違いがあります。

サービス名提供会社
(契約先)
ソフトバンク光ソフトバンク株式会社
ビビック光株式会社QTnet

ソフトバンク光は、SoftBankやY!mobileの携帯電話ブランドを提供するソフトバンク光がサービスを提供しています。

ソフトバンク株式会社は「SoftBank」「Y!mobile」のブランド名で携帯電話(スマホ)を提供していますが、同じくソフトバンク株式会社が提供する「ソフトバンク光」とセット契約することで毎月の携帯電話代(スマホ代)が割引される「おうち割光セット」が適用できます。

また、ビビック光は九州電力の100%子会社である株式会社QTnetがサービスを提供しています。

ビビック光を提供する株式会社QTnetはKDDIと提携している関係上、ビビック光と「au」「UQmobile」を両方契約することでセット割である「auスマートバリュー」や「自宅セット割」が適用可能となっています。

違い比較②:ネット接続に利用する光回線に違いがある

ソフトバンク光とビビック光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスですが、利用される「光回線」に違いがある点も理解しておきたい1つです。

サービス名利用される回線
ソフトバンク光NTT東日本/NTT西日本の
フレッツ光ネクスト回線
ビビック光QTnetの自社回線

ソフトバンク光でインターネット接続に利用される「光回線」は、NTT東日本・NTT西日本が所有し「フレッツ光ネクスト」というサービスで利用される光回線です。

SoftBankがNTT東西から光回線を借りてソフトバンク光が提供されている。

このようにNTT東日本・NTT西日本から光回線を借りて提供されるサービスを「光コラボレーション」と言います。

ソフトバンク光、ドコモ光、ビッグローブ光、OCN光、So-net光、@nifty光、楽天ひかり、ぷらら光、エキサイト光、@TCOMヒカリ、U-next光、IIJmioひかり、AsahiNet光、DTI光、Marubeni光、GMO光アクセスなど

一方、ビビック光でインターネット接続に利用される「光回線」は、サービス提供会社である「QTnet」が自社で所有する独自回線です。

基本的にビビック光はQTnetの自社回線が利用されますが、「ビビックライト(旧:きゅうでん光)」はソフトバンク光と同様にNTT東西の光回線を利用した光コラボレーションです。

ビビック光とビビックライトはまったく別のサービス内容です。

違い比較③:契約可能エリアに違いがある

ソフトバンク光とビビック光は契約可能な提供エリアに違いがあります。

サービス名提供エリア
ソフトバンク光全国
ビビック光九州限定

ソフトバンク光で利用されるNTT東西の光回線は全国に張り巡らされていますので、ソフトバンク光は全国どの都道府県でも契約可能なエリアとなっています。(※人口カバー率約95%!)

一方、ビビック光は九州電力の子会社(QTnet)が提供している関係上、九州電力管轄の福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県の九州7県が提供エリアとなっています。

ワンポイントアドバイス
ビビック光は九州以外へ引っ越しされる可能性がある方は注意が必要です。
ビビック光は九州限定のサービスのため、契約後に九州以外へ引っ越しする場合には解約するしか方法がありません。引っ越しの機会が多い方は比較的容易に手続き可能なソフトバンク光などの光コラボレーションの契約がおすすめです。

違い比較④:実際の速度(平均実測)に違いがある

ソフトバンク光とビビック光は、インターネットの実際の速度に違いがあります。

以下、2022年8月5日現在の実際の利用者が測定した平均実測です。

サービス名実際の速度
(平均実測)
ソフトバンク光
  • 下り平均実測:
    313.28Mbps
  • 上り平均実測:
    227.38Mbps
ビビック光
  • 下り平均実測:
    383.63Mbps
  • 上り平均実測:
    283.92Mbps

出典:みんそく

下り平均速度はソフトバンク光は313.28Mbpsビビック光は383.63Mbpsです。

また、上り平均速度はソフトバンク光は227.38Mbpsビビック光は283.92Mbpsです。

下り(ダウンロード)と上り(アップロード)の速度共に、ソフトバンク光より若干ビビック光の方が速いことが解ります。
ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光はNTT東西の光回線を他社の光コラボレーションサービスと共有して利用していますので、自社の独自回線を利用するビビック光の方が速度が安定しています。

違い比較⑤:インターネットの月額料金に違いがある

ソフトバンク光とビビック光はインターネットの利用料である月額料金に違いがあります。

以下、ソフトバンク光とビビック光に分けて月額料金を解説します。

ソフトバンク光の月額料金

以下、ソフトバンク光を2年自動更新プランで契約した場合の月額料金です。

契約タイプ月額基本料
戸建住宅
(ファミリータイプ)
5,720円
集合住宅
(マンションタイプ)
4,180円

出典:SoftBank

ソフトバンク光を最大通信速度1Gbpsの2年自動更新プランで契約した場合、戸建住宅は月額5,720円集合住宅は月額4,180円です。(料金の中にプロバイダ利用料も含まれています。)

ビビック光の月額料金

以下、ビビック光を最大通信速度1Gbpsの1ギガコースで契約した場合の月額料金です。

ビビック光はプランによって月額料金に違いがあります。

戸建住宅

プラン2~12ヶ月目
(ギガスタート割)
13ヶ月目
以降
BBIQつづけて割
+九電まとめて割
4,070円5,170円
BBIQつづけて割4,400円5,500円
九電まとめて割5,170円6,270円
通常5,280円6,380円

出典:BBIQ

開通月(1ヶ月目)は無料です。

集合住宅

タイププラン2~12ヶ月目
(ギガスタート割)
13ヶ月目
以降
マンション九電まとめて割3,300円
~5,170円
4,400円
~6,270円
通常3,410円
~5,280円
4,510円
~6,380円
マンション
[ダイレクト]
九電まとめて割5,170円6,270円
通常5,280円6,380円
マンション
[棟内LAN方式]
通常3,080円
~4,180円
4,510円

5,280円

出典:BBIQ

開通月(1ヶ月目)は無料です。

各プランや割引制度については以下。

ギガスタート割
2022年8月現在、ビビック光の1ギガコースを契約すると「ギガスタート割」が適用されて2ヶ月目~12ヶ月目までの11ヶ月間は毎月1,100円割引されます。
BBIQつづけて割
戸建住宅のプラン限定で3年毎の自動更新で契約することで「BBIQつづけて割」が適用されて、通常料金より毎月880円割引されます。
九電まとめて割
九州電力の電気料金プランを契約中の方は「九電グループまとめてあんしん割」が適用されて、通常料金よりも毎月110円割引されます。
BBIQつづけて割+九電まとめて割
九州電力の電気料金プランを契約中で、尚且つ戸建住宅の3年契約(自動更新)で契約すると「BBIQつづけて割(毎月880円割引)」に加えて「九電グループまとめてあんしん割」の割引が通常110円が330円割引となり、合計毎月1,210円割引されます。

違い比較⑥:契約時の初期費用(工事費等)に違いがある

ソフトバンク光とビビック光は契約時に発生する工事費などの初期費用に違いがあります。

初期費用ソフトバンク光ビビック光
契約事務手数料3,300円880円
回線工事費26,400円
特典適用で実質無料
39,600円
特典適用で実質無料

出典:SoftBankBBIQ

携帯電話やスマホなどの通信契約時に必要な契約事務手数料はソフトバンク光の場合は3,300円・ビビック光の場合は880円です。(契約後の初回請求時に1度だけ。)

また、ソフトバンク光とビビック光を契約後に回線を宅内へ引き込むための回線工事の工事費にも違いがあります。

ソフトバンク光を新規契約後に実施する回線工事の工事費は26,400円です。

2022年8月現在、ソフトバンク光をはじめて契約する方を対象とした「工事費サポートはじめて割」が適用されて毎月の月額基本料から工事費の分割支払額と同額が割引されるため、工事費は実質無料となります。

ビビック光を新規契約後に実施する回線工事の工事費は39,600円です。

2022年8月現在、ビビック光の工事費の毎月支払う分割支払額と同額が割引される「標準工事費相当割」が適用されるため、工事費は実質無料となります。

お得にソフトバンク光とビビック光を契約できる申込窓口

ソフトバンク光とビビック光は公式ホームページや電話、一部の家電量販店などの店舗などでも契約の申し込みが可能ではありますが、それよりもお得に契約できる申込窓口があります。

お得に契約可能なおすすめの申込窓口は以下です!

おすすめ窓口
  • ソフトバンク光は正規代理店エヌズカンパニーで契約しよう!
  • ビビック光は正規代理店NEXTでで契約しよう!

おすすめの申込窓口は以下で詳しく解説します。

ソフトバンク光を新規契約すると37,000円が確実に受取れる!

ソフトバンク光の契約申し込みは正規代理店エヌズカンパニーがおすすめです!

株式会社エヌズカンパニーは、ソフトバンク光を提供するSoftBankから審査を受けて申込の代行受付を許可されている安心の「正規代理店」です。

正規代理店エヌズカンパニーが自社で運営する申込受付サイト経由でソフトバンク光を新規契約すると、開通月(利用開始月)の翌々月にエヌズカンパニー限定特典として37,000円キャッシュバックが受け取れます!

申込窓口エヌズカンパニー
申込受付サイト
申込窓口
限定特典
  • 新規契約で
    37,000円
    キャッシュバック
  • 転用・事業者変更で
    15,000円
    キャッシュバック
受取時期課金開始月の翌々月末に
指定した口座に振り込み
受取条件
  • エヌズカンパニーの
    申込受付サイトで申し込む
  • 申込月を含む6ヶ月以内に
    ソフトバンク光を開通させる
  • 申込日から30日以内に
    支払い方法の登録を完了させる
受取申請申込後の電話確認の際に
振込口座番号を伝えるだけ!
面倒な申請は不要!
特典期間2022年8月31日
終了予定

正規代理店エヌズカンパニーの申込受付サイト経由でソフトバンク光を新規契約すると37,000円・転用や事業者変更の手続きをすると15,000円が還元される限定特典を受け取ることが可能です!

回線工事費(26,400円)が実質無料となる「工事費サポートはじめて割」を適用すると7,000円の減額となり30,000円キャッシュバックとなります。

\新規契約で37,000円還元中/
ソフトバンク光の申込はこちら
有料オプション加入不要で還元!

ビビック光を契約すると最大30,000円が受取れる!

ビビック光の契約申し込みは正規代理店NEXTがおすすめです!

正規代理店NEXTは、ビビック光を提供する株式会社QTnetから審査を受けて申込の代行受付を許可されている安心の「正規代理店」です。

正規代理店NEXTが自社で運営する申込受付サイト経由でビビック光を新規契約すると、開通月(利用開始月)の3ヶ月後にNEXT限定特典として最大30,000円キャッシュバックが受け取れます!

申込窓口NEXT
申込受付サイト
申込窓口
限定特典
  • ホームタイプ
    最大30,000円還元
  • マンションタイプ
    最大25,000円還元
受取時期課金開始月の翌翌々月末に
指定した口座に振り込み
受取条件
  • NEXTの
    申込受付サイトで申し込む
  • 8ヵ月以上継続契約する
受取申請申込後の電話確認の際に
振込口座番号を伝えるだけ!
面倒な申請は不要!
特典期間2022年8月31日
終了予定

正規代理店NEXTの限定特典は、ビビック光の申込受付サイト経由で契約する「タイプ」と「申込内容」によりキャッシュバック額が変動します。(正規代理店NEXTの限定のキャッシュバック詳細は以下です。)

タイプ申込内容
ホームタイプ
  • ネット+指定オプション加入
    30,000円キャッシュバック
  • ネットのみ契約
    10,000円キャッシュバック
マンションタイプ
  • ネット+指定オプション加入
    25,000円キャッシュバック
  • ネットのみ契約
    5,000円キャッシュバック

正規代理店NEXTの限定のキャッシュバックは、ネット契約に加えて「指定オプション」に同時加入することで、ネットのみで受け取れるキャッシュバックに20,000円が増額されて受け取れます。

「指定オプション」は以下から3つから1つ選択します。

  • 光テレビ(にねん約束コース)に加入する
  • Netflixパックに加入する
  • 下記のオプションに2つ以上加入する
    ・BBIQ光電話バリュープラン
    ・くらし安心パック
    ・BBIQビデオ放題 U-NEXT
    ・アプリ放題
    ・BBIQ雑誌読み放題
    ・Hulu

\最大30,000円還元中/
ビビック光の申込はこちら
安心の正規代理店でお得に契約!

まとめ

この記事ではソフトバンク光とビビック光の違いを比較しながら解説しました。

ソフトバンク光とビビック光のどちらの契約した方が良いかお悩みの方は、契約している携帯電話・スマホとのセット割が適用可能なサービスと契約すると良いでしょう。

サービス名おすすめ
ソフトバンク光SoftBank/Y!mobileの
携帯スマホを契約中の方
▶おうち割光セット
ビビック光au/UQmobileの
携帯スマホを契約中の方
▶auスマートバリュー
▶自宅セット割

SoftBank/Y!mobileを契約中の方はソフトバンク光のインターネット契約と3つの指定オプションに加入すると、毎月のSoftBank/Y!mobileモバイル料金(スマホ代)が割引される「おうち割光セット」が適用可能です。

auを契約中の方はビビック光のインターネットと光電話を契約すると、毎月のauモバイル料金(スマホ代)が割引される「auスマートバリュー」が適用可能です。(※UQmobileの場合は「自宅セット割」が適用可能。)

また、以下のソフトバンク光とビビック光の違いも理解しておきましょう。

ソフトバンク光とビビック光の違い

  1. 契約先(提供会社)に違いがある
  2. ネット接続に利用する光回線に違いがある
  3. 契約可能エリアに違いがある
  4. 実際の速度(平均実測)に違いがある
  5. インターネットの月額料金に違いがある
  6. 契約時の初期費用(工事費等)に違いがある

ソフトバンク光とビビック光はどちらの契約すれば良い?
ソフトバンク光とビビック光はどちらと契約した方が良いかの判断は非常に難しいのですが、契約中の携帯電話やスマホの「キャリア(携帯電話会社)」で契約先を決めるのも1つの考え方です。SoftBank/Y!mobileならソフトバンク光とのセット割「おうち割光セット」が、auならビビック光とのセット割「auスマートバリュー」が、UQmobileならビビック光とのセット割「自宅セット割」が適用できます。
ソフトバンク光とビビック光の違いは何ですか?
ソフトバンク光とビビック光には月額料金や提供エリア、速度、契約時の初期費用など様々な違いがありますが、最低限理解しておきたい違いは「実際の速度(平均実測)」と「月額料金」です。
引っ越しする機会が多いのですが
転勤など引っ越しする機会が多い方、特に今後「九州以外」へ引っ越しが引っ越しが考えられる場合には九州限定のビビック光を契約するよりも全国で契約可能なソフトバンク光の方が優勢です。