>ドコモ光なら42,000円還元中<

[解説]ドコモ光とauひかりの違いを比較解説!auユーザーにおすすめの乗り換え先とは?

ドコモ光とauひかりのどちらと契約するか・乗り換えるかをお悩みですね。

ドコモ光とauひかりはサービス名に「光(ひかり)」と付いている事でも解るように「光回線(光ファイバー)」を利用してインターネットに接続するサービスとしては共通していますが、料金や速度、工事費等の初期費用、契約可能な提供エリアなど様々な違いがあります。

ドコモ光とauひかりは現在契約中のスマホ会社で判断すると簡単です。

サービス名おすすめ
ドコモ光NTT docomoの
スマホを契約中の方
auひかりau又はUQmobileの
スマホを契約中の方

ドコモ光とauひかりのどちらと契約すべきか(乗り換えるべきか)をお悩みの方は、現在契約中のスマホとの「セット割」が適用可能なインターネット接続サービスとの契約がおすすめです。

NTT docomoのスマホを契約中の方は「ドコモ光セット割」が適用可能なドコモ光がおすすめです。

また、auやUQmobileのスマホを契約中の方は「auスマートバリュー」「自宅セット割」が適用可能なauひかり(又はセット割が適用可能な光コラボ)の契約がおすすめです。

SoftBankスマホを契約中の場合はソフトバンク光の契約がおすすめです。

この記事ではドコモ光とauひかりのどちらと「契約した方が良いのか」「乗り換えた方が良いのか」をお悩みの方を対象に、簡単な判断材料としてセット割が適用可能なサービスを解説すると共に、サービスの提供会社やインターネット接続に利用する光回線の違い、契約可能なエリアや平均実測(実際の速度)、月額料金、工事費等の初期費用の違いなどをまとめて解説します。
この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール

※以下、表示金額はすべて税込です。

ドコモ光とauひかりはセット割適用可能な方を契約する

ドコモ光とauひかりは「光回線(光ファイバー)」を利用してインターネットに接続するサービスとしては共通していますが、様々な違いもあるため「どちらと契約すべきか」をお悩みの方が多くいらっしゃいます。

ドコモ光とauひかりは「セット割が適用可能な方を契約する」という簡単な判断材料があります。

契約中のスマホおすすめ回線
docomoドコモ光セット割が適用可能な
「ドコモ光」がおすすめ!
auauスマートバリューが適用可能な
「auひかり」がおすすめ!
UQmobile自宅セット割が適用可能な
「auひかり」がおすすめ!

NTT docomoのスマホと「ドコモ光」を両方(セットで)契約すると「ドコモ光セット割」が適用可能です。

また、auのスマホと「auひかり」を両方(セットで)契約すると「auスマートバリュー」が、UQmobileのスマホと「auひかり」を両方(セットで)契約すると「自宅セット割」適用可能です。

セット割を適用すると適用したスマホ代が毎月割引されます。

以下では、契約中のスマホ会社に分けてセット割の適用条件や割引額を詳しく解説します。

ドコモ光とNTT docomoスマホとのセット割引「ドコモ光セット割」

NTT docomoスマホの「対象プラン」を契約中の方が「ドコモ光」も契約することで「ドコモ光セット割」が適用可能となり、NTT docomoスマホの「対象プラン」の料金が毎月割引されます。

ドコモ光セット割の対象者や適用条件、毎月の割引額は以下で解説します。

割引対象者
  • NTT docomoの
    対象プラン契約者
  • ドコモ光セット割
    適用者の家族

最大20回線まで適用可能

適用条件ドコモ光の
インターネット契約

NTT docomoの対象プランを契約中の方がドコモ光のインターネット契約も両方契約することで「ドコモ光セット割」が適用可能となります。

ドコモ光セット割が適用可能なNTT docomoスマホの対象プランは以下です。

割引対象のスマホプラン
ギガプラン
  • 5Gギガホ プレミア
  • 5Gギガホ
  • 5Gギガライト
  • ギガホ プレミア
  • ギガホ
  • ギガライト
カケホーダイ&パケあえるパケットパック

出典:NTT docomo

NTT docomoのスマホを上記の対象プランで契約中の方がドコモ光も契約することで「ドコモ光セット割」が適用可能です。

ドコモ光セット割を適用したドコモ光の契約者の家族が契約するNTT docomoのスマホが対象プランだった場合、最大20回線までなら家族も割引を適用することが可能です!

その為、ドコモ光セット割を適用可能なNTT docomoのスマホプランを契約する家族が多ければその分お得になります!

ドコモ光セット割の毎月の「割引額」は以下です。

以下、NTT docomoの「ドコモ光セット割」の対象プランと毎月の割引額です。

対象プラン割引額/月
5Gギガホ プレミア1,100円割引
5Gギガホ1,100円割引
プレミア1,100円割引
ギガホ1,100円割引
5Gギガライト
ギガライト
  • ステップ4:~7GB
    1,100円割引
  • ステップ3:~5GB
    1,100円割引
  • ステップ2:~3GB
    550円割引
  • ステップ1:~1GB
    割引なし

出典:NTT docomo

例えば、NTT docomoのスマホを「5Gギガホ プレミア」で契約中の方がドコモ光も契約することでドコモ光セット割が適用可能となり、適用後は「5Gギガホ プレミア」の料金から毎月1,100円割引されます。
以下、NTT docomoの「ドコモ光セット割」の対象プランと毎月の割引額です。

パケットパック割引額/月
ウルトラシェアパック1003,850円割引
ウルトラシェアパック503,190円割引
ウルトラシェアパック302,750円割引
ベーシックシェアパック
  • ステップ4:~30GB
    1,980円割引
  • ステップ3:~15GB
    1,980円割引
  • ステップ2:~10GB
    1,320円割引
  • ステップ1:~5GB
    880円割引
ウルトラデータLLパック1,760円割引
ウルトラデータLパック1,540円割引
ベーシックパック
  • ステップ4:~20GB
    880円割引
  • ステップ3:~5GB
    880円割引
  • ステップ2:~3GB
    220円割引
  • ステップ1:~1GB
    110円割引

出典:NTT docomo

\ドコモ光のお得な申込窓口/
ドコモ光の申込はこちら
限定特典!42,000円還元中!

auひかりとauスマホとのセット割引「auスマートバリュー」

auスマホの「対象プラン」を契約中の方が「auひかり」も契約することで「auスマートバリュー」が適用可能となり、auスマホの「対象プラン」の料金が毎月割引されます。

auスマートバリューの対象者や適用条件、毎月の割引額は以下で解説します。

割引対象者
  • auの対象プラン契約者
  • auスマートバリュー
    適用者の家族

最大10回線まで適用可能

適用条件auひかりの
インターネット契約
+光電話加入

auのスマホを対象プランで契約中の方がauひかりの「インターネット契約+光電話加入」を契約することで「auスマートバリュー」が適用可能となります。

auスマートバリューはauひかりのインターネット契約に加えて「光電話」の加入も必須条件となっています。(光電話の料金は「月額基本料550円+通話料」です。)
auスマートバリューを適用したauひかりの契約者の家族が契約するauのスマホが対象プランだった場合、最大10回線までなら家族も割引を適用することが可能です!

その為、auスマートバリューを適用可能なauスマホプランを契約する家族が多ければその分お得になります!

auスマートバリューの主な対象プランと毎月の割引額は以下です。

対象プラン割引額/月
  • ピタットプラン 5G
  • ピタットプラン 4G LTE
  • 新auピタットプラン
550円割引
1GBまでは対象外
  • 使い放題MAX 5G
    ALL STAR パック
  • 使い放題MAX 5G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 5G
    with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G
  • 使い放題MAX 4G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 4G
1,100円割引
  • ピタットプラン 5G(s)
  • ピタットプラン 4G LTE(s)
550円割引
カケホ
(3Gケータイ・データ付)
1,027円割引
タブレットプラン201,100円割引

出典:au

その他の適用可能な対象プランはこちら

\auひかりのお得な申込窓口/
auひかりの申込はこちら
限定特典!最大66,000円還元中!

auひかりとUQmobileスマホとのセット割引「自宅セット割」

UQmobileスマホの「対象プラン」を契約中の方が「auひかり」も契約することで「自宅セット割」が適用可能となり、UQmobikeスマホの「対象プラン」の料金が毎月割引されます。

自宅セット割の対象者や適用条件、毎月の割引額は以下で解説します。

割引対象者
  • UQmobileの
    対象プラン契約者
  • 自宅セット割
    適用者の家族

最大10回線まで適用可能

適用条件auひかりの
インターネット契約
+光電話加入

UQmobileのスマホを対象プランで契約中の方がauひかりの「インターネット契約+光電話加入」を契約することで「自宅セット割」が適用可能となります。

自宅セット割はauひかりのインターネット契約に加えて「光電話」の加入も必須条件となっています。(光電話の料金は「月額基本料550円+通話料」です。)
自宅セット割を適用したUQmobileの契約者の家族が契約するUQmobileのスマホが対象プランだった場合、最大10回線までなら家族も割引を適用することが可能です!

その為、自宅セット割を適用可能なUQmobileスマホプランを契約する家族が多ければその分お得になります!

自宅セット割の主な対象プランと毎月の割引額は以下です。

対象プラン割引額/月
くりこしプランS +5G638円割引
くりこしプランM +5G638円割引
くりこしプランL +5G858円割引

出典:UQmobile

自宅セット割の詳細はこちら

\auひかりのお得な申込窓口/
auひかりの申込はこちら
限定特典!最大66,000円還元中!

ドコモ光とauひかりの違いを比較しながら徹底解説!

ドコモ光とauひかりは共に「光回線(光ファイバー)」を利用してインターネットに接続するサービスとしては共通していますが、その他の提供会社や利用する光回線、月額料金などに違いがあります。

ドコモ光とauひかりの知っておくべき違いは以下です。

主な違い
  1. サービスを提供する会社に違いがある
  2. ネット接続する光回線に違いがある
  3. 契約可能な提供エリアに違いがある
  4. 平均実測(実際の速度)に違いがある
  5. 月額料金に違いがある
  6. 回線工事費などの初期費用に違いがある

以下では上記のドコモ光とauひかりの違いに分けて詳しく解説します。

違い①:サービスを提供する会社に違いがある

ドコモ光とauひかりはサービスを提供している会社に違いがあります。

サービス名提供会社
ドコモ光株式会社NTTドコモ
auひかりKDDI株式会社

ドコモ光の提供会社は「株式会社NTTドコモ」です。

株式会社NTTドコモが提供するモバイルブランド「docomo」とインターネット接続サービス「ドコモ光」を両方セット契約する事で「ドコモ光セット割」と呼ばれる毎月のスマホ代が割引されるセット割引が適用可能となります。

一方、auひかりの提供会社は「KDDI株式会社」です。

KDDIが提供しているモバイルブランド「au」の対象プランとインターネット接続サービス「auひかり」を両方セットで契約すると「auスマートバリュー」と呼ばれる毎月のスマホ代が割引されるセット割引が適用可能となります。
ワンポイントアドバイス
ちなみに、KDDIグループ会社であるUQコミュニケーションズ株式会社が提供する「UQmobile」は、スマホの対象プランとauひかりのインターネット契約を両方セットで契約すると「自宅セット割」を適用することが可能です。

違い②:ネット接続する光回線に違いがある

ドコモ光とauひかりは「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスで共通していますが、ドコモ光とauひかりで利用する光回線に違いがあることも理解しておきましょう。

サービス名利用している
光回線
ドコモ光NTT東日本/NTT西日本の
フレッツ光の光回線
(光コラボレーション)
auひかりKDDIが所有する光回線
(独自回線)

NTT東日本/NTT西日本が提供している「フレッツ光」の光回線をNTT docomoが借り受けて「ドコモ光」を提供しています。

ドコモ光のようにNTT東日本/NTT西日本が提供している「フレッツ光の光回線」を利用して提供しているインターネット接続サービスの総称を「光コラボレーション(略して、光コラボ)」と言います。

主な光コラボレーションのサービス
ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光、So-net光、@nifty光、楽天ひかり、ぷらら光、エキサイト光、@TCOMヒカリ、U-next光、IIJmioひかり、AsahiNet光、DTI光、Marubeni光、GMO光アクセスなど

一方、auひかりは基本的に提供会社である「KDDIが所有する光回線」が利用されます。

ドコモ光はNTT東西のフレッツ光の光回線を他社の光コラボレーションのサービスと共有して利用していますが、auひかりはKDDIの光回線を基本的に利用しているので「独自回線」と言えます。

違い③:契約可能な提供エリアに違いがある

ドコモ光とauひかりは契約可能な提供エリアに違いがあることも理解しておきたい点です。

サービス名提供エリア
ドコモ光全国
auひかり全国
但し、以下の都道府県は
ホームタイプが契約不可!

  • 関西エリア
    大阪/京都/兵庫/
    和歌山/奈良/滋賀
  • 中部エリア
    静岡/愛知/岐阜/三重
  • 沖縄エリア
    沖縄

ドコモ光はNTT東日本/NTT西日本の全国に張り巡らされたフレッツ光の光回線を利用しているため、基本的にどの都道府県でも契約可能なサービスです。

NTT東西の光回線の人口カバー率は95%なので、基本的にはドコモ光を契約できない地域はありません。

一方、auひかりは全国に張り巡らされたKDDIの光回線を利用しているので基本的にはどの都道府県でも契約可能なサービスではありますが、auひかりの「ホームタイプ」が契約不可となる地域があります。

auひかりの「ホームタイプ」とは、一軒家など「戸建住宅」で契約するプランのことです。

auひかりの「ホームタイプ」が契約不可となる都道府県と主な代替回線は以下です。

auひかり
「ホームタイプ」
契約不可の都道府県
主な代替回線
関西エリア
大阪/京都/兵庫/
和歌山/奈良/滋賀
中部エリア
静岡/愛知/岐阜/三重
沖縄エリア
沖縄

上記の都道府県の戸建住宅では「auひかり ホームタイプ」が契約出来ません。

その為、関西エリア(大阪/京都/兵庫/和歌山/奈良/滋賀)の戸建住宅にお住まいの方は「eo光」・中部エリア(静岡/愛知/岐阜/三重)の戸建住宅にお住まいの方は「コミュファ光」・沖縄の戸建住宅にお住まいの方は「auひかり ちゅら」が主な代替回線となります。

「auひかり ホームタイプ」が契約不可の都道府県にお住まいの場合は、auスマートバリューや自宅セット割が適用可能となる光コラボレーション「ビッグローブ光」もおすすめです!
ワンポイントアドバイス
eo光の提供会社である株式会社オプテージはKDDIと業務提携を行っているため、eo光の提供エリアではauひかりのホームタイプが契約不可となっています。

また、コミュファ光の提供会社である株式会社中部テレコミュニケーションズはKDDIの子会社なので、コミュファ光の提供エリアではauひかりのホームタイプが契約不可となっています。

違い④:平均実測(実際の速度)に違いがある

ドコモ光とauひかりは平均実測(実際の速度)に違いがあることも理解しておきたい点です。

以下、2022年12月1日現在の利用者が測定した実際の速度(平均実測)です。

サービス名平均実測
(実際の速度)
ドコモ光
  • 下り平均実測
    (ダウンロード):
    269.44Mbps
  • 上り平均実測
    (アップロード):
    228.31Mbps
auひかり
  • 下り平均実測
    (ダウンロード):
    490.93Mbps
  • 上り平均実測
    (アップロード):
    455.05Mbps

出典;みんそく(ドコモ光auひかり

下り平均実測を比較すると、ドコモ光は269.44Mbpsauひかりは490.93Mbpsです。
下り速度はドコモ光よりauひかりの方が約1.8倍速い)

下り速度とは「ダウンロード速度」の事で、Webサイトや動画、音楽などを楽しむ際にデータをインターネット上からダウンロードする際の速度となります。(下り速度が速ければ快適にインターネットが利用できる。)

また、上り平均速度を比較すると、ドコモ光は228.31Mbpsauひかりは455.05Mbpsです。
上り速度はドコモ光よりauひかりの方が約2倍速い)

下り速度とは「アップロード速度」の事で、動画をSNSに公開したりメールを送信するなどデータをインターネット上にアップロードする際の速度となります。
ワンポイントアドバイス
ドコモ光はNTT東西の光回線を各社光コラボレーションと共有して利用している関係上、速度が低下しやすい特性があります。また、auひかりは他社と光回線を共有していないため速度が低下しにくい特性があります。

違い⑤:月額料金に違いがある

ドコモ光とauひかりのインターネット月額料金に違いがあることを理解しておくことも重要です。

ドコモ光とauひかりの料金をまとめて解説すると非常に解りづらくなりますので、以下ではドコモ光とauひかりに分けてインターネットの月額料金を解説します。

ドコモ光の月額料金について

以下の表は、ドコモ光のインターネットの月額料金をまとめたものです。

以下の料金は「2年定期契約」で契約してプロバイダを「タイプA」の中から選択した場合。

定額プラン月額料金
戸建住宅
(ファミリータイプ)
5,720円
集合住宅
(マンションタイプ)
4,400円

出典:NTT docomo

戸建住宅でドコモ光を契約した場合の月額料金は5,720円です。
一方、集合住宅でドコモ光を契約した場合の月額料金は4,400円です。

上記の月額料金は最大通信速度1Gbpsの「1ギガ」でドコモ光を契約した場合ですが、最大通信速度が1ギガの10倍となる最大通信速度10Gbpsの「ドコモ光10ギガ」で契約した場合の月額料金は戸建・集合共に6,380円となります。

auひかりの月額料金について

auひかりの月額料金は少々複雑なので、戸建住宅用プランの「auひかり ホーム1ギガ」と集合住宅用プラン「auひかり マンション」に分けて解説します。

auひかり ホーム1ギガ

契約プランずっとギガ得プラン
(3年契約)
契約経過1年目2年目3年目
以降
ネット
+光電話
6,160円6,050円5,940円
ネットのみ5,610円5,500円5,390円

出典:au
以下の月額料金はプロバイダを「au one net」で契約した場合。
口座振替・クレジットカード割引の適用時。

auひかりの戸建住宅用プランの「ホーム1ギガ」を「ずっとギガ得プラン」で契約した場合は、契約経過年数によって月額料金が割引されていくプランで、ネット+光電話契約の場合の月額料金は1年目は月額6,160円2年目は月額6,050円3年目以降は月額5,940円となります。

auひかり ホーム1ギガを3年間(36ヶ月間)契約することを前提としたプラン「ずっとギガ得プラン」は月額料金が段階的に割引されていくプランなので、3年以上の契約を予定している方におすすめのプランです。

auひかり マンション

お得プランA
(2年自動更新)
提供タイプネットのみネット

ひかり電話
タイプV4,180円4,730円
都市機構東日本
西日本
4,180円4,730円
タイプE16契約以上3,740円4,290円
8契約以上4,070円4,620円
マンションギガ4,455円5,005円
マンションミニギガ5,500円6,050円
タイプF4,290円4,840円

出典:au
以下の月額料金はプロバイダを「au one net」で契約した場合。
口座振替・クレジットカード割引の適用時。

auひかりの集合住宅用プランである「auひかり マンション」は、auひかりを契約するマンションに設置された設備(提供タイプ)によって月額料金に大きな違いがあります。

auひかりを契約予定のマンションが「どの提供タイプなのか」「月額料金はいくらなのか」を判断することは一般の方では無理ですので、申込窓口(正規代理店)にお問い合わせください。

違い⑥:回線工事費などの初期費用に違いがある

ドコモ光とauひかりは契約時に発生する工事費などの初期費用に違いがあります。

サービス名初期費用
ドコモ光
  • 契約事務手数料
    3,300円
  • 回線工事費
    ・戸建住宅:19,800円
    ・集合住宅:16,500円
auひかり
  • 新規登録料
    3,300円
  • 回線工事費
    ・戸建住宅:41,250円
    ・集合住宅:33,000円

出典:NTT docomoau

ドコモ光とauひかりは共に契約時の初期費用として手数料3,300円が発生します。ドコモ光の場合「契約事務手数料」、auひかりの場合「新規登録料」という手数料名となります。)

しかし、ドコモ光とauひかりの回線工事費には違いがあります。

ドコモ光の回線工事費は戸建住宅の場合は19,800円・集合住宅の場合は16,500円となります。

2022年12月現在、ドコモ光を「新規契約」した後に実施される回線工事は「新規工事料無料特典」が適用されて工事費は完全無料となります!

ドコモ光の工事費無料の解説はこちら

一方、auひかりの回線工事費は戸建住宅の場合は41,250円・集合住宅の場合は33,000円となります。

2022年12月現在、auひかりを契約した後に実施される回線工事は「初期費用相当額割引」が適用されて工事費は実質無料となります。(工事費の支払いは必要ですが、工事費分割額と同額が月額料金から割引されるので「実質無料」となります。)

ホームタイプの場合はインターネット契約+光電話加入が「初期費用相当額割引」の条件です。

初期費用相当額割引の詳細はこちら

ドコモ光とauひかりをお得に契約可能な申込窓口

ドコモ光とauひかりは各社公式サイトやドコモショップ/auショップなどの店舗などでも契約申し込みが可能です。

しかし、正規代理店であるNNコミュニケーションズが運営する申込受付サイト経由でドコモ光・auひかりを申し込むと、契約後に独自特典の「キャッシュバック」をもれなく受け取ることが可能です!

正規代理店とはNTT docomoやKDDIの厳しい審査を受けて合格した会社のことで、ドコモ光やauひかりなどの契約を代行して受付ています。(ドコモショップやauショップも正規代理店です。)

正規代理店NNコミュニケーションズ限定特典は以下です。

正規代理店
NNコミュニケーションズ
限定特典
ドコモ光現金42,000円
キャッシュバック
auひかり
  • ネット+光電話加入で
    現金66,000円
    キャッシュバック
  • ネット契約のみで
    現金60,000円
    キャッシュバック

以下で詳しく解説します。

ドコモ光を契約するともれなく42,000円を還元!

NTT docomoの正規代理店である株式会社NNコミュニケーションズが自社で運営している申込受付サイト経由でドコモ光を契約すると、NNコミュニケーションズ限定特典として現金42,000円がもれなくキャッシュバックされます!

NNコミュニケーションズの申込受付サイト経由でドコモ光を契約した方の限定特典です。(他の申込窓口で契約した場合は対象外となりますのでご注意ください。)
申込窓口NNコミュニケーションズ
申込受付サイト
限定特典42,000円
キャッシュバック
受取時期開通月の翌月末に
指定口座に振り込み
受取条件
  • NNコミュニケーションズの
    申込受付サイトで申し込む
  • NTT docomo携帯電話回線を
    利用中(契約中)であること
受取申請申込後の電話確認の際に
振込口座番号を伝えるだけ!
面倒な申請は不要!
特典期間2022年12月31日終了予定
但し、継続の可能性もあり
ワンポイントアドバイス
正規代理店NNコミュニケーションズ経由でドコモ光を契約すれば、工事費が無料となる「新規工事料無料特典」に加えて、NNコミュニケーションズの独自特典である42,000円キャッシュバックも受け取れるので大変お得です!

\ドコモ光のお得な申込窓口/
ドコモ光の申込はこちら
限定特典!42,000円還元中!

auひかりを契約すると最大66,000円が確実に受け取れる!

KDDIの正規代理店でもある株式会社NNコミュニケーションズが自社運営する申込受付サイト経由でauひかりの「ネット契約+光電話」に同時加入すると、NNコミュニケーションズ限定特典として現金66,000円が確実に受け取れます!

auひかりのネット契約のみは60,000円キャッシュバック

他の正規代理店でもキャッシュバックの独自特典を実施していますが、キャッシュバックを受け取るために面倒な期間限定の受取申請が必要です。受取申請忘れや期限切れでキャッシュバックを受け取れないリスクがある正規代理店での申し込みは止めましょう!
申込窓口NNコミュニケーションズ
申込受付サイト
限定特典
  • ネット+光電話同時加入
    66,000円
    キャッシュバック
  • ネット契約のみ
    60,000円
    キャッシュバック
受取時期開通月の翌月末に
指定口座に振り込み
受取条件NNコミュニケーションズの
申込受付サイトで申し込む
受取申請申込後の電話確認の際に
振込口座番号を伝えるだけ!
面倒な申請は不要!
特典期間2022年12月31日終了予定
但し、継続の可能性もあり

ワンポイントアドバイス
正規代理店NNコミュニケーションズ経由でauひかりを契約すると受け取れる限定特典のキャッシュバックは、面倒な申請が不要なので契約後は「確実に」キャッシュバックが受け取れるので安心です!
\auひかりのお得な申込窓口/
auひかりの申込はこちら
限定特典!最大66,000円還元中!

auユーザーならドコモ光/auひかりでなくビッグローブ光もおすすめ!

auのスマホを契約中の方で「ドコモ光を契約中の方」や「ドコモ光とauひかりのどちらと契約するかお悩みの方」には、ビッグローブ光の契約もおすすめです!

ビッグローブ光はauスマートバリュー・自宅セット割が適用可能

ビッグローブ光はauやUQmobileとのセット割引である「auスマートバリュー」「自宅セット割」を適用可能なインターネット接続サービスです!

割引対象者
  • au又はUQmobileの
    対象プラン契約者
  • auスマートバリュー
    又は自宅セット割の
    適用者の家族

最大10回線まで適用可能

適用条件ビッグローブ光の
インターネット契約
+光電話加入

au/UQmobileの対象プランを契約中の方がビッグローブ光のインターネット契約に加えて光電話にも加入することで「auスマートバリュー」「自宅セット割」を適用可能となります。

auのスマホを契約中の方でauひかりが契約できない地域や建物にお住まいだった場合でもビッグローブ光を契約することで「auスマートバリュー」「自宅セット割」を適用可能となるため、ビッグローブ光の契約もおすすめです。

また、ビッグローブ光はドコモ光同様にNTT東日本/NTT西日本の「フレッツ光の光回線」を利用してインターネットに接続する「光コラボレーション」のサービスです。

その為、auのスマホを契約中にも関わらずドコモ光を契約中の方は「事業者変更」でビッグローブ光へ乗り換えると工事不要となります。
ワンポイントアドバイス
ビッグローブ光の提供会社であるビッグローブ株式会社はKDDIのグループ会社なので、ビッグローブ光はauとのセット割引である「auスマートバリュー」やUQmobileとのセット割引である「自宅セット割」が適用可能なのです。

最大34,000円が受取れる申込窓口

正規代理店NNコミュニケーションズが運営する申込受付サイトでビッグローブ光を契約すると、NNコミュニケーションズ限定特典のキャッシュバックを受け取れます!

NNコミュニケーションズ限定特典は以下です。

ビッグローブ光
契約内容
限定特典
新規契約
  • ネット+光電話加入
    34,000円
    キャッシュバック
  • ネット契約のみ
    30,000円
    キャッシュバック
転用/事業者変更10,000円
キャッシュバック

正規代理店NNコミュニケーションズの申込受付サイト経由でビッグローブ光を「新規契約」した場合、ネット+光電話同時契約で34,000円ネット契約のみで30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

フレッツ光からビッグローブ光へ「転用」で乗り換えた場合やドコモ光など光コラボレーションからビッグローブ光へ「事業者変更」で乗り換えた場合は10,000円キャッシュバックとなります。
\auユーザーにもおすすめ/
ビッグローブ光の申込はこちら
限定特典!最大34,000円還元中!

まとめ

この記事ではドコモ光とauひかりのどちらと契約すべきかお悩みの方に向けてドコモ光とauひかりとのセット割引を解説すると共に、提供会社や光回線、提供エリア、平均実測、月額料金、初期費用の違いを比較しながら解説しました。

ドコモ光とauひかりのどちらと契約した方が良いのかをお悩みの方は、「現在契約しているスマホ会社がどこなのか」で契約すべきサービスを簡単に判断することが可能です。

契約中のスマホおすすめ回線
docomoドコモ光セット割が適用可能な
ドコモ光」がおすすめ!
auauスマートバリューが適用可能な
auひかり」がおすすめ!
UQmobile自宅セット割が適用可能な
auひかり」がおすすめ!

NTT docomoの対象プランでスマホを契約中の場合はドコモ光を契約することで「ドコモ光セット割」が適用可能となり、対象プランのスマホ料金が毎月割引されます。

また、au/UQmobileの対象プランでスマホを契約中の場合はauひかりを契約することで「auスマートバリュー」「自宅セット割」が適用可能となり、対象プランのスマホ料金が毎月割引されます。

※au/UQmobileユーザーには、auひかり以外にもビッグローブ光もおすすめです。

セット割引以外にも以下の違いをよく理解しておきましょう。

ドコモ光とauひかりの主な違い

  1. サービスを提供する会社に違いがある
  2. ネット接続する光回線に違いがある
  3. 契約可能な提供エリアに違いがある
  4. 平均実測(実際の速度)に違いがある
  5. 月額料金に違いがある
  6. 回線工事費などの初期費用に違いがある

ドコモ光とauひかりの違いは何ですか?
ドコモ光とauひかりには様々な違いがあって一言では違いを説明出来ません。しかし、毎月の支払いとなる月額料金やセット割引の違いについては最低限理解しておくべきです。
ドコモ光とauひかりならどちらと契約した方が良いですか?
ドコモ光は、NTT docomoのスマホを「ドコモ光セット割」の対象プランで契約している方におすすめです。また、auひかりはauのスマホを「auスマートバリュー」の対象プランで・UQmobileのスマホを「自宅セット割」の対象プランでそれぞれ契約している方におすすめです。
auひかりが契約不可だった場合におすすめの回線は?
au/UQmobileのスマホを契約中にも関わらずセット割引が適用可能なauひかりを契約出来なかった場合は、「auスマートバリュー」「自宅セット割」を適用可能なビッグローブ光がおすすめです。