>ドコモ光なら42,000円還元中<

ドコモ光の初期設定を徹底解説!パソコンなしでもスマホ(iPhoneやandroidなど)で設定する方法!

ドコモ光の初期設定についてお調べですね。

ドコモ光の新規契約後には開通工事が実施されますが、開通工事が完了すると契約者自身でインターネットに接続できるように一度だけ「初期設定」を必ず行わなくてはなりません。

ドコモ光の開通工事後に行う初期設定は基本的にパソコンで行います。

しかし、最近ではパソコンを持っておらずiPhoneやandroidなどのスマホだけを所有している方が多く、「ドコモ光の初期設定をスマホで出来ないのか?」とお調べの方が多くいらっしゃいます。

開通工事後の初期設定
パソコンなしでもスマホでドコモ光の初期設定が可能です!
ただし、スマホによる初期設定には無線LANルーター(Wi-Fiルーター)が必須です。

Wi-Fiが利用可能となる「無線LANルーター」があればパソコンがなくてもスマホ(iPhoneやandroidなど)でもドコモ光の開通工事後に契約者が行う初期設定が可能となっています。

この記事ではドコモ光を新規契約後に実施した開通工事後に契約者自身で行う初期設定の基礎知識を解説するほか、パソコンがなくてもスマホで初期設定する際に必要な無線LANルーター、実際にスマホでドコモ光の初期設定を行う流れを解説します。
この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール

\限定特典!42,000円還元中/
ドコモ光の申込はこちら
優良窓口NNコミュニケーションズ
※以下、記載金額はすべて税込です。

(基礎知識)ドコモ光の初期設定が必要な理由と接続機器

ドコモ光の新規契約後に実施する開通工事が終了したら、インターネットに接続できるように初期設定をする必要があります。初期設定は工事業者は行わず、契約者自身で行います。

そこでまずは、インターネット回線の初心者の方に向けて、ドコモ光の初期設定に最低限必要となるNTT接続機器について解説するとともに、なぜ開通工事後に初期設定が必要なのかを合わせて解説します。

初期設定前にNTTの接続機器について理解しよう

ドコモ光の新規契約後に実施した開通工事後にはNTTのロゴが付いた機器が設置されます。

ドコモ光の開通工事後に設置されるNTTのロゴ付き機器は「ホームゲートウェイ」や「回線終端装置(ONU)」、「VDSLモデム(VDSL接続装置)」など様々な機種があります。

この記事ではこれらの機器を総称して「NTT接続機器」と呼ぶことにします。

ドコモ光の契約内容や契約する建物の状況により設置されるNTT接続機器の機種が異なりますし、2つのNTT接続機器が設置されることもあります。また、マンション内の配線状況によっては設置されないこともあります。

これらのNTT接続機器は「NTT東日本/NTT西日本」から貸し出されます。

ドコモ光の提供会社は「NTTドコモ」ですが、ドコモ光でインターネットに接続するために利用している光回線は「NTT東日本/NTT西日本」の光回線をNTTドコモが借りて提供されています。

ドコモ光
提供会社
(契約先)
NTTドコモ
光回線
所有会社
NTT東日本
NTT西日本

その為、NTTドコモが提供するドコモ光を契約した場合でもNTT東日本/NTT西日本の接続機器が設置されます。

ワンポイントアドバイス
ドコモ光はNTTドコモが提供するサービスではありますが、インターネットに接続するために利用される光回線はNTT東日本/NTT西日本が所有しています。(NTTドコモがNTT東日本/NTT西日本の光回線を借りている。)

その為、NTT東日本/NTT西日本の光回線を利用するためには、NTT東日本/NTT西日本の接続機器がドコモ光を契約したとしても契約した宅内に設置されることとなります。

ドコモ光の新規契約後に初期設定が必要な理由

ドコモ光を新規契約後には必ず契約者自身で初期設定を実施しなければなりません。

初期設定とは
ドコモ光の初期設定は、プロバイダから郵送で送られてきた書類に記載の「ID」と「パスワード」を使ってインターネットに接続できるようにする「接続設定」のことです。

ドコモ光のインターネット接続イメージは以下です。

ドコモ光契約住所(契約した部屋など)に設置されたNTT接続機器は光回線を通じて「プロバイダ」へ接続されており、プロバイダがインターネットに接続する役割をしています。

ドコモ光の契約は基本的にインターネット接続業者である「プロバイダ」とセットで契約します。

ドコモ光を契約するとプロバイダから契約者(あなた)専用の「ID」と「パスワード」が発行され、開通工事日までにプロバイダから契約者宛にID/パスワードが記載の書面が郵送されてきます。

ドコモ光を契約後にプロバイダから郵送されてきた書面に記載の「ID」「パスワード」をパソコン等を使ってNTT接続機器に設定することで、プロバイダがインターネットに接続してくれるようになります。

このような初期設定を開通工事の工事業者ではなく契約者自身で行わなくてはならない理由は、初期設定の際に利用するIDとパスワードが解るとどこからでもインターネットに接続できてしまうからです。その為、大変重要なプロバイダ情報(ID/パスワード)を使って行う初期設定は第三者ではなく契約者が行うようにしましょう。
ワンポイントアドバイス
何かのサービスを利用する際にはIDとパスワードの入力を求められることがあります。(例えば、楽天市場やAmazonなどで買い物をする際には事前に登録しておいたIDやパスワードなどを使ってログインしますよね。)

それと同じように、インターネットに接続してくれる「プロバイダ」を利用する為には、事前にNTT接続機器にプロバイダ情報(IDとパスワード)を設定しておかなくてはなりません。その為、ドコモ光の利用を開始する前には一度だけ初期設定(プロバイダ情報をNTT接続機器に設定する作業)が必要となるのです。

ドコモ光の初期設定をスマホで行う為に必要な無線LANルーター

上記で解説したように、ドコモ光の開通工事後にはパソコン等を使ってプロバイダ情報(IDとパスワード)をNTT接続機器に初期設定しなければインターネットが利用できません。

最近ではパソコンよりもスマホを所有している方が多く、パソコンではなくiPhone(iPad)やandroidなどの「スマホやタブレットでドコモ光の初期設定が出来ないのか」というお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。

質問者
パソコンを持っていません…。
スマホでドコモ光の初期設定は出来ないの?
監修者長井
無線LANルーターがあればドコモ光の初期設定はスマホでも可能です!

NTT接続機器とスマホはLANケーブルで繋げれない!

パソコンでドコモ光の初期設定を行う場合の接続イメージは以下です。

パソコンをお持ちの方がドコモ光の初期設定を行う場合には、パソコンにある「LANポート(LANケーブルの差込口)」にLANケーブルを差し込んでNTT接続機器と繋げるとパソコン画面で初期設定を行うことが可能です。

しかし、iPhoneやandroidなどのスマホには「LANポート」がありません。
その為、NTT接続機器とスマホを直接LANケーブルで有線接続することが(繋げることが)出来ません…。

スマホで初期設定するなら無線LANルーターが必須!

ドコモ光の初期設定をスマホで行う場合には「無線LANルーター」が必要です。

無線LANルーターとは
無線LANルーターは別名「Wi-Fiルーター」とも呼ばれておりWi-Fiを発信する機器のことです。

NTT接続機器とLANケーブルで直接繋ぐことが出来ないスマホの場合は、無線LANルーターが発信するWi-Fiに接続することで「間接的に」NTT接続機器と繋ぐことが可能となります。

ワンポイントアドバイス
NTT接続機器と無線LANルーターをLANケーブルで接続して、次に無線LANルーターが発信するWi-Fiをスマホで接続します。すると、Wi-Fi経由でNTT接続機器とスマホを繋ぐことが可能となりドコモ光の初期設定もスマホで行えるようになります。

無線LANルーターはどこで準備するのか

ドコモ光の初期設定をスマホで行う場合にはWi-Fiを発信する機器「無線LANルーター」が必要です。

無線LANルーターを準備する方法は2つあります。

無線LANルーター準備方法
  1. プロバイダから無料でレンタルする方法
  2. 契約者自身で購入する方法

ドコモ光とセット契約した一部のプロバイダでは、契約者に対して無料で無線LANルーターをレンタルしています。

無線LANルーターをレンタルしていないプロバイダもあります。

まず、プロバイダの確認
契約書類を確認して、ドコモ光とセット契約中のプロバイダはどこかを確認します。
その後、契約中のプロバイダが無線LANルーターを無料レンタルしているかを以下の表で確認してください。

以下、主なドコモ光の提携プロバイダと無線LANルーターのレンタル可否をまとめた表です。

プロバイダ無線LANルーター
無料レンタル
ドコモnet×レンタル不可
plala〇レンタル可能
GMOとくとくBB〇レンタル可能
@nifty〇レンタル可能
andline〇レンタル可能
SIS〇レンタル可能
BIGLOBE〇レンタル可能
ic-net〇レンタル可能
hi-ho〇レンタル可能
BB.excite〇レンタル可能
Tigers-net〇レンタル可能
エディオンネット×レンタル不可
SYNAPSE×レンタル不可
DTI×レンタル不可
楽天ブロードバンド×レンタル不可
ネスク×レンタル不可
TiKiTiKi×レンタル不可
OCN〇レンタル可能
@TCOM〇レンタル可能
TNC×レンタル不可
@ちゃんぷる〇レンタル可能
WAKWAK×レンタル不可
AsahiNet×レンタル不可
無線LANルーターのレンタルが可能なプロバイダをドコモ光で契約中の方で「まだレンタルの申し込みをしていない」「レンタル申し込みをしたけど、まだ届いていない」という方はプロバイダへ直接お問い合わせください。

ワンポイントアドバイス
もし、無線LANルーターのレンタルをしていないプロバイダをドコモ光で契約中であっても、後ほどご紹介する「バッファロー製」の無線LANルーターを購入すれば、誰でも簡単にスマホでドコモ光の初期設定が可能となりますのでご安心ください!

ドコモ光の初期設定をスマホで行う方法(手順)を徹底解説

Wi-Fiが利用可能となる無線LANルーターの製造メーカーはたくさんありますが、その中でも使いやすく初心者の方におすすめなのが「バッファロー(BUFFALO)」の無線LANルーターです!

バッファロー製の無線LANルーターは使い方が簡単な上に誰でも簡単にスマホで「ドコモ光の初期設定」と「Wi-Fi接続設定」が一度に完了してしまうのでおすすめです!

バッファロー製でおすすめの高機能な無線LANルーターは以下です。

型番
(モデル番号)
WSR-1800AXWSR-3200AX
販売価格8,280円
購入はこちら
11,780円
購入はこちら
利用範囲
目安
  • 戸建て
    2階建て
  • マンション
    3LDK
  • 戸建て
    3階建て
  • マンション
    4LDK
Wi-Fi
飛距離レベル
★★★☆☆★★★★☆

2023年1月20日現在、Amazonで購入した場合の販売価格です。

監修者長井
「ドコモ光の初期設定をスマホで簡単に行いたい」や「高機能な無線LANルーターでWi-Fiを利用したい」という方は、上記のバッファロー製の無線LANルーターをご準備ください。

バッファロー製の無線LANルーターで「ドコモ光の初期設定」と「Wi-Fi接続設定」をスマホで同時に行う手順は以下です。

初期設定の手順
  1. NTT接続機器と無線LANルーターを接続する
  2. セットアップカードを事前に準備する
  3. 無線LANルーターとスマホをWi-Fiで接続する
  4. Webブラウザを開いて初期設定を行う

以下で、ドコモ光の初期設定をスマホで行う手順を詳しく解説します。

Step①:NTT接続機器と無線LANルーターを接続する

まずは、ドコモ光の開通工事後に設置された「NTT接続機器」と別途用意した「無線LANルーター」をLANケーブルで有線接続しましょう。(LANケーブルは付属品を利用してもOKです。)

NTT接続機器の背面にあるLANと記載された差込口「LANポート」にLANケーブルをしっかりと差し込みます。

LANポートが複数ある場合は、どのLANポートに差し込んでも構いません。
LANポートがない機種の場合、「UNI」と記載された差込口にLANケーブルを差してください。

続いて、NTT接続機器に差し込んだLANケーブルの片方をBUFFALO製の無線LANルーター背面にある「INTERNET」と記載された差込口に差してください。

上記のイメージ図のように、LANケーブルを「正しく」「しっかり」と差し込んだら、NTT接続機器と無線LANルーターの電源プラグをコンセントに差して電源を入れてください。

電源を入れたら約5分程度待ってランプが正常になるまで待ちます。

ワンポイントアドバイス
ドコモ光のインターネット契約に加えて、固定電話オプションサービス「ドコモ光電話」にも加入した方の中にはNTTのロゴが付いた機器が2つ設置される場合もあります。

Step②:セットアップカードを事前に準備する

BUFFALO製の無線LANルーターに同梱されている、又は無線LANルーターの本体にセットされている「セットアップカード」を用意してください。

「セットアップカード」は上記のように無線LANルーターの機種によって違いがあります。

Step③:無線LANルーターとスマホをWi-Fiで接続する

まず、お持ちのスマホの設定画面Wi-Fiをオンにしてください。

以下、iPhone/iPad OSのWi-Fiをオンにする方法です。
(「android OS」でもほぼ同じ流れとなります。)

スマホ画面の「設定」アイコンをタップ(選択)してください。

続いて、設定画面にある「Wi-Fi」をタップ(選択)してください。

Wi-Fiがオフになってる場合は右へスワイプしてWi-Fiをオンにします。

Wi-Fiをオンにするとスマホで受信しているWi-Fiが表示されますので、バッファロー製の無線LANルーターの「セットアップカード」に記載されている同じSSIDをタップ(選択)します。

続いて、「パスワードの入力」画面になります。
パスワードにはセットアップカードに記載されている「暗号化キー」を正しく入力してから、上部にある[接続]をタップ(選択)してください。

パスワードを正しく入力した後に上部にある[接続]をタップ(選択)すると、上部のイメージ図のように「無線LANルーター」と「スマホ」がWi-Fiで接続された状態となります。

Step④:Webブラウザを開いて初期設定を行う

無線LANルーターとスマホがWi-Fiで接続された状態となったら、スマホの画面を使って「NTT接続機器」にプロバイダ情報を設定してインターネットに接続できるように初期設定を行います。

NTT接続機器にはスマホのように画面がありません。
その為、Wi-Fi経由でNTT接続機器と繋がったスマホで初期設定を行います。

まず、スマホ画面でWebブラウザのアイコンをタップして開きます。

Webブラウザとは
インターネットにアクセスしてホームページを閲覧する為のアプリ(ソフト)のことを「Webブラウザ」と言います。

スマホのWebブラウザで有名なのは「Safari」「Google Chrome」「Microsoft Edge」「Firefox」などがあります。

無線LANルーターのWi-Fiを接続した状態のスマホでWebブラウザを開くと「Internet回線判別中」という画面になりますので、画面下にある[Internet側の確認を行う]ボタンをタップします。

続いて、ユーザ名とパスワードを入力する画面になりますので、以下の情報を入力し[ログイン]ボタンをタップします。

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:password
ユーザー名に「admin」、パスワードに「password」と入力してログインボタンをタップし、「パスワードが間違っています。」と表示された場合には、以下のような対応をします。

事前準備しておいたセットアップカードに「本機ログイン用」のユーザー名・パスワードの記載がある場合は、その情報を入力してログインしてください。

BUFFALO製の無線LANルーターにセットアップカードの付属がない機種だった場合には、ユーザー名には「root」、パスワードは「空欄(入力不要)」でログインしてください。

ログインすると「プロバイダー情報の設定(フレッツ)」画面に移ります。

プロバイダ情報設定では「フレッツ光ネクスト」を選択してください。

「接続先ユーザー名」と「接続先パスワード」は、ドコモ光でセット契約したプロバイダから郵送されてきた書類(契約書など)に記載のIDとパスワードを入力します。

「ユーザー名」「認証ID」「接続ID」「接続用ID」など、プロバイダによってIDの名称に違いがあります。

続いて、フレッツ光ネクスト サービス情報サイトでは、NTT東日本エリアの都道府県にお住まいの方は「NTT東日本」を、NTT西日本エリアの都道府県にお住まいの方は「NTT西日本」を選択してください!

NTT東日本・NTT西日本の都道府県は以下です。

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県
富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

正しく入力・選択したら下部にある[進む]ボタンをタップします。

接続確認画面で「接続成功です」と表示されれば、
ドコモ光の初期設定はすべて終了です!

お疲れ様でした!

ワンポイントアドバイス
ドコモ光の初期設定が完了したらWebブラウザを開いて「Yahoo! Japan」や「Google」などが表示されるかを確認して、問題なくアクセス出来たら「ドコモ光の初期設定」と設定を行った「スマホのWi-Fi接続設定」は完了です。

もし、インターネットに接続できない場合はバッファローの公式サイトにある「よくあるご質問」にアクセスして対処方法をご覧ください。

まとめ

この記事ではドコモ光を新規契約後に実施した開通工事が終了し、初めてインターネットに接続する為に必要な「初期設定」が必要な理由やiPhoneやandroidなどのスマホで初期設定する際に必要な無線LANルーター、そしてドコモ光の初期設定をスマホで行う具体的な手順を解説しました。

ドコモ光の新規契約後には開通工事後に設置されたNTT接続機器にプロバイダ情報を登録してインターネットに接続できるようにパソコンを使って初期設定を行う必要があります。

しかし、パソコンがない方はWi-Fiが利用可能となる「無線LANルーター」を別途設置することで、スマホでもドコモ光の初期設定を行うことが可能です。

無線LANルーターはドコモ光とセット契約をしたプロバイダから無料レンタルが可能な場合がありますが、もし無線LANルーターを無料レンタル出来ない場合は初心者の方でも使いやすく高機能なバッファロー製の無線LANルーターを購入することをおすすめします。
おすすめ無線LANルーターはこちら

\未契約の方におすすめ窓口/
ドコモ光の申込はこちら
限定特典!42,000円還元中
ドコモ光の初期設定は必要ですか?
はい。ドコモ光を「新規契約」で契約後に開通工事で設置されたNTT接続機器にプロバイダ情報を登録(設定)しなければインターネットに接続出来ません。ちなみに、第三者にプロバイダ情報が解ると悪用される可能性がありますので、必ず大切に保管して第三者へ渡さないようにしましょう。
パソコンなしでもスマホで初期設定は可能ですか?
はい。Wi-Fiが利用可能となる「無線LANルーター(別名:Wi-Fiルーター)」をNTT接続機器と繋げて、無線LANルーターが発信するWi-Fiをお持ちのスマホ(iPhoneやandroidなど)と接続すると、スマホでもドコモ光の初期設定が可能です。(※無線LANルーターは「プロバイダからレンタルする」か、もしくは「個別に購入」してください。)