>ソフトバンク光で最大70,000円還元中

ドコモ光とビビック光の違いを徹底比較!様々な違いを理解してどちらで契約すべきか判断する!

この記事はプロモーションを含みます。

監修者:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
ドコモ光とビビック光(BBIQ)のどっちと契約すべきかお悩みですね。

ドコモ光とビビック光は光回線を利用してインターネットに接続する同じようなサービスではありますが、様々な違いもあるために「どちらと契約した方が良いのか」という悩みをお持ちの方も多くいらっしゃいます。

サービス名おすすめの人
ドコモ光NTTドコモの対象プランで
携帯スマホを契約中の方
ビビック光
  • au/UQmobileの対象プランで
    携帯スマホを契約中の方
  • 九州電力の対象プランで
    電気契約中の方

NTTドコモの携帯スマホを契約中の方がドコモ光のインターネット契約も行うと毎月の携帯スマホ代が割引となる「ドコモ光セット割」が適用可能です。その為、NTTドコモの携帯スマホ契約者なら「ドコモ光」の契約がおすすめです。

ドコモ光の詳細はこちら

また、au/UQmobileの携帯スマホを契約中の方がビビック光のインターネット契約も行うと毎月の携帯スマホ代が割引となる「auスマートバリュー」「自宅セット割」が適用可能です。その為、au/UQmobileの携帯スマホ契約者なら「ビビック光」の契約がおすすめです。

ビビック光の詳細はこちら

監修者長井
この記事ではドコモ光とビビック光のどちらと契約した方がいいのかをお悩みの方を対象に、ドコモ光とビビック光の光回線や提供エリア、速度、料金などの違いを比較しながら解説すると共に、どちらと契約すべきかの判断材料、お得に契約可能な申込方法についてまとめて解説します。

※以下、表示金額はすべて税込です。

ドコモ光キャッシュバック

ドコモ光とビビック光の違いを比較しながら徹底解説

ドコモ光とビビック光はサービス名に「光」と付いている事でも解るようにインターネットに接続する際に利用する回線は各サービス共に「光回線(光ファイバー)」で共通しています。

しかし、ドコモ光とビビック光には様々な違いもあるため「どちらと契約した方が良いのか」をお悩みの方は契約前に最低限知っておきたい以下の違いをよく理解して申し込みを行いましょう。

ドコモ光とビビック光の違い
  1. サービス提供会社(契約会社)に違いがある
  2. 利用する光回線の所有会社に違いがある
  3. 契約可能な提供エリアに違いがある
  4. 契約プランによって最大通信速度に違いがある
  5. インターネットの月額料金に違いがある
  6. インターネットの平均速度(実測)に違いがある
  7. 初期費用(工事費など)に違いがある

以下では、上記のそれぞれの違いを比較しながら解説します。

違い①:サービス提供会社(契約会社)に違いがある

ドコモ光とビビック光はサービス提供会社(契約会社)に違いがあります。

サービス名サービス提供会社
(契約会社)
ドコモ光株式会社NTTドコモ
ビビック光株式会社QTnet

ドコモ光は携帯電話の大手通信事業者で知られる「株式会社NTTドコモ」が提供しています。

ドコモ光の契約会社は株式会社NTTドコモです。

一方、ビビック光は九州電力の100%子会社である「株式会社QTnet」が提供しています。

ビビック光の契約会社は株式会社QTnetです。

ワンポイントアドバイス
九州電力子会社である株式会社QTnetはインターネット接続サービスである「ビビック光」以外にも、格安スマホである「QTモバイル」というサービスも提供しています。

[関連記事]ドコモ光の評判について

違い②:利用する光回線の所有会社に違いがある

ドコモ光とビビック光は光回線を利用してインターネットに接続するサービスではありますが、利用する光回線の所有会社に違いがある点も理解しておきましょう。

サービス名光回線の所有会社
ドコモ光NTT東日本/NTT西日本
光回線を利用している
ビビック光株式会社QTnet
光回線を利用している

ドコモ光はNTT東日本/NTT西日本が所有する光回線を利用して提供されています。

NTT東日本/NTT西日本からNTTドコモが光回線を借りてドコモ光を提供している。

NTT東日本/NTT西日本が提供するフレッツ光の光回線を利用して提供されているサービスを「光コラボレーション」と呼ばれており、ドコモ光も光コラボレーションの1つです。

大手が提供する主な光コラボレーション:
ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光、So-net光、@nifty光、楽天ひかり、ぷらら光、エキサイト光、@TCOMヒカリ、U-next光、IIJmioひかり、AsahiNet光、DTI光、Marubeni光、GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)

一方、ビビック光は提供会社であるQTnetの光回線を利用して提供されています。

ビビック光はQTnetの自社回線を利用して提供している。

ドコモ光はNTT東日本/NTT西日本が所有する光回線を利用する光コラボレーションと呼ばれるサービスで、ビビック光は自社所有する光回線を利用しているサービスです。

違い③:契約可能な提供エリアに違いがある

ドコモ光とビビック光は契約可能な提供エリア(都道府県)に違いがあります。

サービス名提供エリア
(都道府県)
ドコモ光全国的
人口カバー率95%以上
ビビック光
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

ドコモ光はNTT東日本/NTT西日本の全国に張り巡らされた光回線を利用する「光コラボレーション」サービスなので、ドコモ光が契約可能なエリアは全国的です。(人口カバー率は95%以上と言われていますので、基本的にどの地域でも契約可能です。)

一方、ビビック光の提供会社が「九州電力の子会社」であることでも解るように、ビビック光の提供エリアは九州電力管轄の九州7県(福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島)となっています。

ワンポイントアドバイス
ドコモ光は全国的に契約可能ではありますが、ビビック光は九州限定のインターネット接続サービスです。その為、極端な例ですが東京にお住まいの方はビビック光を契約することが出来ません。

[関連記事]ドコモ光の提供エリア検索方法

違い④:契約プランによって最大通信速度に違いがある

ドコモ光とビビック光は契約プラン(契約コース)によって最大通信速度に違いがあります。

サービス名契約プランと
最大通信速度
ドコモ光
  • ドコモ光10ギガ:
    最大10Gbps
  • ドコモ光1ギガ:
    最大1Gbps
ビビック光
  • 10ギガコース:
    最大10Gbps
  • 6ギガコース:
    最大6Gbps
  • 1ギガコース:
    最大1Gbps
  • 100メガコース:
    最大100Mbps
    (最大0.1Gbps)

ドコモ光には「ドコモ光1ギガ」と「ドコモ光10ギガ」の2つのサービスが提供されており、ドコモ光1ギガの最大通信速度は1Gbps・ドコモ光10ギガの最大通信速度は10Gbpsです。

ドコモ光1ギガは全国的に契約可能ですが、ドコモ光10ギガは提供エリアが狭いです。

ドコモ光10ギガ」はドコモ光1ギガよりも最大通信速度が10倍速いので速度を重視している方におすすめですが、「ドコモ光10ギガ」は2020年4月に提供開始されたばかりで契約可能なエリア(都道府県や建物など)が少ないのが現状です。

一方、ビビック光には最大通信速度が異なる4つのコースが用意されており、4つのコースで最も速いコースが最大通信速度10Gpbsの「10ギガコース」・最も遅いコースが最大通信速度100Mbpsの「100メガコース」です。

提供エリアが広いビビック光のコースは「1ギガコース」です。

ビビック光の「10ギガコース」「6ギガコース」は速度が速く魅力的ではありますが、2022年4月から提供開始されたばかりの比較的新しいサービス(コース)なので契約可能な提供エリアは福岡・長崎・宮崎の各県の一部の地域に限られています。
2023年9月現在のビビック光「10ギガコース」「6ギガコース」の提供エリアは以下です。

  • 福岡県:福岡市中央区 / 博多区 / 東区 / 西区 / 南区 / 城南区、 糸島市、 大野城市、 粕屋郡志免町、 北九州市小倉北区 / 八幡東区 / 門司区 / 若松区、 中間市、 遠賀郡芦屋町、久留米市、 小郡市、 筑後市、 朝倉郡筑前町、八女市、八女郡広川町、大牟田市
  • 長崎県:大村市
  • 宮崎県:宮崎市、 日南市

参照:代理店NEXT

上記の提供エリアであっても契約できない地域や建物があります。

違い⑤:インターネットの月額料金に違いがある

ドコモ光とビビック光はインターネットの月額料金に違いがあります。

ドコモ光とビビック光の月額料金を一緒に比較して解説すると解りづらくなりますので、以下ではドコモ光とビビック光に分けて月額料金について解説します。

ドコモ光の月額料金について

ドコモ光は基本的に契約申し込みの際に提携プロバイダ21社から1社を選択しますが、選択する(利用する)提携プロバイダは「タイプA」「タイプB」の2つのカテゴリに分けられています。

タイプAに属するプロバイダ
OCNインターネット、GMOとくとくBB、@nifty、andline、SIS、BIGLOBE、ic-net、hi-ho、BB.excite、Tigers-net、エディオンネット、SYNAPSE、DTI、楽天ブロードバンド、ネスク、TiKiTiKi
タイプBに属するプロバイダ
@TCOM、TNC、ちゃんぷる、WAKWAK、AsahiNet

以下、「ドコモ光1ギガ」の月額料金です。

プロバイダ集合住宅戸建住宅
タイプA4,400円5,720円
タイプB4,620円5,940円

参照:料金プラン|ドコモ光

上記表のように、ドコモ光は利用するプロバイダによって月額料金に違いがあります。

例えば、ドコモ光を戸建住宅で契約する方がタイプAに属するプロバイダ「ドコモnet」を利用した場合は月額5,720円ですが、タイプBに属するプロバイダ「OCN」を利用した場合は月額5,940円となります。
ワンポイントアドバイス
ドコモ光の月額料金を少しでも安く利用したい方は契約申し込み時には「タイプA」に属している提携プロバイダを選ぶようにしましょう!

[関連記事]ドコモ光のプロバイダを徹底解説

ビビック光の月額料金について

ビビック光には様々な契約プランが用意されており、契約プランによって月額料金に違いがあります。

以下、ビビック光の「1ギガコース」で契約した場合の月額料金です。

住宅タイプ月額料金
戸建住宅
  • 開通月:0円
  • 2~12ヶ月目:
    5,280円
  • 13ヶ月目以降:
    6,380円
集合住宅
  • 開通月:0円
  • 2~12ヶ月目:
    3,410円
    ~5,280円
  • 13ヶ月目以降:
    4,510円
    ~6,380円
集合住宅
[ダイレクト]
  • 開通月:0円
  • 2~12ヶ月目:
    5,280円
  • 13ヶ月目以降:
    6,380円
集合住宅
[棟内LAN方式]
  • 開通月:0円
  • 2~12ヶ月目:
    3,080円
    ~4,180円
  • 13ヶ月目以降:
    4,510円
    ~5,280円

参照:月額料金・初期費用|BBIQ

上記はビビック光の「通常料金」ですが、「BBIQつづけて割」や「九電まとめて割」を適用すると通常料金から以下の金額が毎月割引されます。
割引名割引額/月
BBIQつづけて割
+
九電まとめて割
毎月
1,210円割引
BBIQつづけて割毎月
880円割引
九電まとめて割毎月
110円割引

参照:九電まとめて割|BBIQ

  • 「BBIQつづけて割」はビビック光を申込時に3年契約(自動更新)で契約した場合に適用可能な割引です。
    BBIQつづけて割の適用には申し込みが必要です。)
  • 「九電まとめて割」は九州電力の家庭向け電気料金プランを契約中の方を対象とした割引です。
    九電まとめて割の適用には申し込みが必要です。)
集合住宅では「BBIQつづけて割」は適用できません。
また、集合住宅[棟内LAN方式]は「九電まとめて割」も適用できません。

違い⑥:インターネットの平均速度(実測)に違いがある

ドコモ光とビビック光はインターネットの平均速度に違いがあります。

以下、2023年9月1日現在の直近3ヶ月に計測された平均速度です。

サービス名下り
平均速度
上り
平均速度
ドコモ光275.46Mbps260.84Mbps
ビビック光613.35Mbps530.64Mbps

速度参照:みんそく

下り平均速度はドコモ光は275.46Mbps・ビビック光は613.35Mbpsです。
また、上り平均速度はドコモ光は260.84Mbps・ビビック光は530.64Mbpsです。

下り/上り共にドコモ光よりもビビック光の方が速度が速いことが解ります。

ワンポイントアドバイス
ドコモ光で利用するNTT東西の光回線は他社光コラボレーションも利用してるので速度が低下しやすいですが、ビビック光で利用する光回線はビビック光のみで利用するので速度が低下しにくい特徴があります。

[関連記事]ドコモ光の速度が遅いと感じる原因

違い⑦:初期費用(工事費など)に違いがある

ドコモ光とビビック光は契約時に発生する初期費用に違いがあります。

サービス名初期費用
ドコモ光
  • 契約事務手数料
    3,300円
  • 開通工事費
    2023年9月現在、
    特典適用で0円
ビビック光
  • 契約事務手数料
    880円
  • 開通工事費
    39,600円
    分割代金相当額の
    割引特典で実質無料

参照:ドコモ光新規工事料無料特典月額料金・初期費用|BBIQ

契約時の手数料となる「契約事務手数料」は、ドコモ光は3,300円・ビビック光は880円です。

2023年9月現在、ドコモ光の新規契約後に実施する開通工事の工事費は特典で0円です。

[関連記事]ドコモ光の工事費無料特典について

一方、ビビック光の開通工事費は39,600円ですが、月額料金から工事費分割額の同額が割引される「標準工事費相当割」工事費は実質無料となります。

工事費分割払いは1,650円/月×24回(但し、BBIQつづけて割適用時は1,100円/月×36回)

ビビック光の標準工事費の分割払いは1,650円/月×24回ですが、24ヶ月間は月額料金から1,650円が割引されるので実質無料です。また、BBIQつづけて割適用時の標準工事費の分割払いは1,100円/月×36回ですが、36ヶ月間は月額料金から1,100円が割引されるので実質無料です。

ドコモ光キャッシュバック

ドコモ光とビビック光のどちらと契約すべきか簡単に判断する方法

上記では契約申し込み前に知っておきたいドコモ光とビビック光の7つの違いを比較しながら解説しましたが、簡単にどちらと契約した方が良いかの判断するポイントがあります!

選ぶポイント
  • NTTドコモの携帯スマホを契約中なら「ドコモ光」
  • au/UQmobileの携帯スマホを契約中なら「ビビック光」
  • 九州以外に引越しの可能性があるなら「ドコモ光」
  • 九州電力の家庭向け電気料金プランを契約中なら「ビビック光」

以下で選ぶポイントを詳しく解説します。

NTTドコモの携帯スマホを契約中なら「ドコモ光」

セット割名ドコモ光セット割
適用条件以下を両方契約する

  • NTTドコモの
    モバイル契約対象プラン
  • ドコモ光ネット契約
対象者ドコモ光の契約者
+ファミリー割引内の家族
(最大20回線)

NTTドコモの携帯スマホを対象プランで契約中の方には「ドコモ光」の契約がおすすめです。

NTTドコモの「携帯スマホ対象プラン」とドコモ光の「インターネット契約」を両方契約することで毎月の携帯スマホ代が割引となる「ドコモ光セット割」が適用可能となります!

NTTドコモ携帯スマホのドコモ光セット割の対象プランと毎月の割引額は以下です。

対象プラン割引額/月
5Gギガホ プレミア1,100円割引
5Gギガホ1,100円割引
ギガホ プレミア1,100円割引
ギガホ1,100円割引
5Gギガライト
ギガライト
  • ステップ4:~7GB
    1,100円割引
  • ステップ3:~5GB
    1,100円割引
  • ステップ2:~3GB
    550円割引
  • ステップ1:~1GB
    割引なし

参照:ドコモ光セット割

以下、「ドコモ光セット割」のNTTドコモの対象プラン(パケットパック)と毎月の割引額です。

パケットパック割引額/月
ウルトラシェアパック1003,850円割引
ウルトラシェアパック503,190円割引
ウルトラシェアパック302,750円割引
ベーシックシェアパック
  • ステップ4:~30GB
    1,980円割引
  • ステップ3:~15GB
    1,980円割引
  • ステップ2:~10GB
    1,320円割引
  • ステップ1:~5GB
    880円割引
ウルトラデータLLパック1,760円割引
ウルトラデータLパック1,540円割引
ベーシックパック
  • ステップ4:~20GB
    880円割引
  • ステップ3:~5GB
    880円割引
  • ステップ2:~3GB
    220円割引
  • ステップ1:~1GB
    110円割引

参照:「カケホーダイ&パケあえる」ご契約の場合の割引額

ワンポイントアドバイス
ドコモ光セット割は、NTTドコモの携帯スマホを契約する家族が多い方なら毎月の通信費のコストを削減できます!ドコモ光セット割は、NTTドコモの家族間の国内通話料が無料となる「ファミリー割引」のグループにいる家族の携帯スマホ代も最大20回線まで毎月割引することが可能です。
\最大45,000円還元!/
ドコモ光の申込はこちら
当サイト経由で還元額を増額中

[関連記事]ドコモ光セット割の解説はこちら

au/UQmobileの携帯スマホを契約中なら「ビビック光」

セット割名auスマートバリュー
適用条件以下を両方契約する

  • auのモバイル契約
    対象プラン
  • ビビック光の
    ネット+光電話
対象者ビビック光の契約者
+家族割プラス内の家族
(最大10回線)

auの携帯スマホを対象プランで契約中ならビビック光の「ネット+光電話」に両方契約することで毎月の携帯スマホ代が割引となる「auスマートバリュー」が適用できるのでおすすめです!

セット割名自宅セット割
適用条件以下を両方契約する

  • UQmobile対象プラン
  • ビビック光の
    ネット+光電話
対象者ビビック光の契約者
+家族割プラス内の家族
(最大10回線)

UQmobileを対象プランで契約中ならビビック光の「ネット+光電話」に両方契約することで毎月の携帯スマホ代が割引となる「自宅セット割」が適用できるのでおすすめです!

auスマートバリュー・自宅セット割の対象プランと毎月の割引額は以下です。

主な対象プラン割引額/月
  • ピタットプラン 5G
  • ピタットプラン 4G LTE
  • 新auピタットプラン
550円割引
1GBまでは対象外
  • 使い放題MAX 5G
    ALL STAR パック
  • 使い放題MAX 5G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 5G
    with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G
  • 使い放題MAX 4G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 4G
1,100円割引
  • ピタットプラン 5G(s)
  • ピタットプラン 4G LTE(s)
  • スマホミニプラン 5G
  • スマホミニプラン 4G
550円割引
カケホ
(3Gケータイ・データ付)
1,027円割引
タブレットプラン201,100円割引

参照:auスマートバリュー

対象プラン割引額/月
くりこしプランS +5G638円割引
くりこしプランM +5G638円割引
くりこしプランL +5G858円割引

参照:3つプラン|UQ mobile

ワンポイントアドバイス
auスマートバリュー・自宅セット割の両方の割引はビビック光の契約者の家族が契約する携帯スマホ代も最大10回線まで毎月割引することが可能なので、auやUQmobileを契約する家族が契約する方にもおすすめです。
\ビビック光のお得な申込窓口/
ビビック光の申込はこちら
最大30,000円還元の独自特典!

九州以外に引越しの可能性があるなら「ドコモ光」

ビビック光は九州7県のみで提供しているインターネット接続サービスなので、ビビック光を契約後に九州以外へ引っ越す場合にはビビック光を解約するしか方法がありません…。

その為、九州以外への引越しの可能性がある場合は「ドコモ光」の契約がおすすめです。

九州以外へ引越しの可能性がある方は以下の回線もおすすめです。

契約中の
携帯電話会社
おすすめ回線
ドコモドコモ光
au/UQmobileビッグローブ光
ワンポイントアドバイス
au/UQmobileの携帯スマホを契約中の方で九州以外への引越しの可能性がある方は、ドコモ光と同じ光コラボで全国的に契約可能で、auスマートバリュー・自宅セット割が適用できる「ビッグローブ光」への契約もおすすめです!
\au/UQmobile契約者に/
ビッグローブ光の申込はこちら
契約後に最大45,000円が受取れる!

[関連記事]ドコモ光の引越し手順

九州電力の家庭向け電気料金プランを契約中なら「ビビック光」

戸建住宅にお住まいの方で尚且つ九州電力の電気料金プランを契約中なら「九電まとめて割(九電グループまとめてあんしん割)」が適用可能な「ビビック光」もおすすめです。

BBIQつづけて割
(3年契約)
加入者未加入者
九電まとめて割毎月
330円割引
毎月
110円割引
BBIQつづけて割毎月
880円割引
合計毎月
1,210円割引
毎月
110円割引

参照:九電まとめて割|BBIQ

以下、戸建住宅でビビック光「1ギガコース」を契約した場合の月額料金です。

2~12ヶ月目13ヶ月以降
BBIQつづけて割
+
九電まとめて割
4,070円5,170円
九電まとめて割5,170円6,270円
通常料金5,280円6,380円

参照:月額料金・初期費用|BBIQ

\ビビック光のお得な申込窓口/
ビビック光の申込はこちら
最大30,000円還元の独自特典!

ドコモ光キャッシュバック

ドコモ光とビビック光をお得に契約できる申込窓口をご紹介!

ドコモ光とビビック光は、公式サイトや直電話、家電量販店などの店舗などでも契約申し込みが可能ではありますが、正規代理店が自社運営する申込受付サイト経由で契約するとキャッシュバックが受け取れるのでお得です。

以下、ドコモ光とビビック光を契約後にキャッシュバックが受け取れる正規代理店です。

サービス名申込窓口
(独自特典)
ドコモ光
ビビック光
  • 正規代理店NEXT
  • ホームタイプ契約で
    30,000円キャッシュバック
  • マンションタイプ契約で
    25,000円キャッシュバック

ドコモ光契約後に45,000円が還元される申込窓口

正規代理店NNコミュニケーションズが自社で運営している申込受付サイト経由でドコモ光を契約すると、NNコミュニケーションズの限定特典として45,000円が受取れるので大変お得に契約可能です!

45,000円キャッシュバックは正規代理店NNコミュニケーションズ経由でドコモ光を契約した方の限定特典です。他の申込窓口経由でドコモ光を契約すると対象外となりますのでご注意ください。

ドコモ光1ギガの場合は35,000円キャッシュバックとなります。

申込窓口NNコミュニケーションズ
申込受付サイト
限定特典
  • ドコモ光1ギガの場合
    35,000円
    キャッシュバック
  • ドコモ光10ギガの場合
    45,000円
    キャッシュバック
受取時期開通月の翌月末に
指定口座に振り込み
受取条件
  • NNコミュニケーションズの
    申込受付サイトで申し込む
  • NTT docomo携帯電話回線を
    利用中(契約中)であること
受取申請申込後の電話確認の際に
振込口座番号を伝えるだけ!
面倒な申請は不要!
特典期間2023年9月30日終了予定
その他
特典
  • ドコモ光1ギガ契約で
    dポイント2000pt
  • ドコモ光10ギガ契約で
    dポイント17000pt
  • 新規契約時の
    回線工事費が無料
  • 訪問サービス初回無料
  • Wi-Fiルーター
    無料レンタル

正規代理店NNコミュニケーションズ経由でドコモ光を契約すると限定特典の45,000円キャッシュバックが受け取れるほか、NTTドコモ公式特典の「dポイントプレゼント」「新規工事料無料特典」も受けられます。

また、利用するプロバイダによっては「Wi-Fiルーター無料レンタル」などの特典も受けられます!

\最大45,000円還元!/
ドコモ光の申込はこちら
当サイト経由で還元額を増額中

[関連記事]ドコモ光のキャッシュバック比較

ビビック光契約後に最大30,000円が還元される申込窓口

正規代理店NEXTが自社で運営している申込受付サイト経由でドコモ光を契約すると、NEXTの限定特典として最大30,000円が受取れるので他の申込窓口で申し込むよりもお得に契約可能です!

最大30,000円キャッシュバックは正規代理店NEXT経由でビビック光を契約した方の限定特典です。他の申込窓口経由でビビック光を契約すると対象外となりますのでご注意ください。
申込窓口正規代理店NEXT
申込受付サイト
限定特典
  • ホームタイプ契約で
    30,000円
    キャッシュバック
  • マンションタイプ契約で
    25,000円
    キャッシュバック
受取時期開通月の翌々月末に
指定口座に振り込み
受取条件正規代理店NEXTの
申込受付サイトで申し込む
受取申請申込後の電話確認の際に
振込口座番号を伝えるだけ!
面倒な申請は不要!
特典期間2023年9月30日終了予定
但し、継続の可能性もあり
その他
特典
  • 開通工事費
    実質無料特典
  • 開通月無料特典

正規代理店NEXT経由でビビック光を契約すると限定特典の最大30,000円キャッシュバックが受け取れるほか、ビビック公式特典の「工事費実質無料特典」「開通月無料特典」なども受けられます。

\最大30,000円還元中/
ビビック光の申込はこちら
優良窓口の代理店NEXT

[関連記事]ビビック光のキャンペーンについて

まとめ

この記事ではドコモ光とビビック光(BBIQ)のどちらのインターネット契約が良いのかをお悩みの方を対象に、ドコモ光とビビック光の知っておきたい7つの違いを比較しながら解説しました。

サービス名おすすめの人
ドコモ光NTTドコモの対象プランで
携帯スマホを契約中の方
ビビック光
  • au/UQmobileの対象プランで
    携帯スマホを契約中の方
  • 九州電力の対象プランで
    電気契約中の方

NTTドコモの携帯スマホを対象プランで契約中であれば、ドコモ光のインターネット契約を行うことで毎月の携帯スマホ代が割引となる「ドコモ光セット割」が適用できます。

au/UQmobileの携帯スマホを対象プランで契約中であれば、ビビック光のインターネット+光電話を両方契約を行うことで毎月の携帯スマホ代が割引となる「auスマートバリュー」「自宅セット割」が適用できます。

また、セット割引だけではなく以下の違いも契約申し込み前に理解しておきましょう。

ドコモ光とビビック光の違い
  1. サービス提供会社(契約会社)に違いがある
  2. 利用する光回線の所有会社に違いがある
  3. 契約可能な提供エリアに違いがある
  4. 契約プランによって最大通信速度に違いがある
  5. インターネットの月額料金に違いがある
  6. インターネットの平均速度(実測)に違いがある
  7. 初期費用(工事費など)に違いがある

上記の違いもよく理解した上でドコモ光とビビック光のどちらと契約すべきかも判断しましょう。

ドコモ光とビビック光のどちらがおすすめですか?
ドコモ光とビビック光のどちらと契約すべきかは各申込者の環境によって異なりますが、契約している携帯電話会社で契約先を決めるのも1つの方法です。NTTドコモの携帯電話を契約中なら「ドコモ光」を、au/UQmobileの携帯電話を契約中なら「ビビック光」をおすすめします。
ビビック光からドコモ光への乗り換え方法は?
ビビック光からドコモ光へ乗り換える場合には、ビビック光を解約する前にドコモ光を申し込んで契約可能かを確かめます。ドコモ光が契約可能であればそのまま手続きを進めて、ドコモ光が開通したらビビック光を解約しましょう。(※ドコモ光の申込前にビビック光の解約費用も把握してきたいポイントです。)
ドコモ光とビビック光は別途プロバイダ契約が必要ですか?
いいえ。ドコモ光とビビック光の契約は光回線契約とプロバイダ契約がセットになっています。その為、個別にプロバイダ契約を行う必要はありません。また、ドコモ光とビビック光の月額料金にプロバイダ料も含まれています。